ローソンにて井村屋の新商品「ひとくち大学芋アイス」が販売中♪ 「ひとくち大学芋アイス」は、大学芋を再現したひとくちアイスで、鳴門金時と紅はるか、2種類のさつまいもを楽しめるんだとか。温かいお部屋で、ひんやり楽しみたい芋感満載のアイスの詳しい味わいを、実食ルポでお届けしますよ〜♪



「鳴門金時」と「紅はるか」を両方楽しめる!





「井村屋 ひとくち大学芋アイス」は、大学芋を再現したひとくちアイス。鳴門金時と紅はるかの2種類のさつまいもを楽しめます。





黒ゴマがついているのが紅はるかで、白ゴマがついているのが鳴門金時のアイスです。





箱の中には個包装のアイスが入っています。





「鳴門金時」と「紅はるか」どちらも3個入りで、計6個のアイスが入っています。





袋から出してみると、小さくてコロンと可愛い! これなら一気に3、4個食べられそう。





カットしてみると、大学芋蜜ソースがたっぷり入っています。うずらの味玉みたい!



大学芋の再現性がすごい!



鳴門金時





早速いただきます! 暖か〜い部屋で食べる冬のアイスって、どうしてこんなに心躍るんでしょう? ニヤニヤしながらまずは鳴門金時から食べてみると、鳴門金時の華やかな香りが広がります。ごまの香ばしさも濃厚で、薄目のチョココーティングのパリッと感とスーッと溶けてなくなっていく口溶けがまたいい! あまりに高い大学芋の味わいの再現性にちょっとびっくりしてしまいました。



紅はるか





一口食べると広がる香りと味わいが「鳴門金時」と全然違います。「紅はるか」の芳醇な香りと甘さがしっかりと再現されています。アイスで知るさつまいもの味わいの違いにまた驚きました。



大学芋蜜ソースは濃厚で風味豊か。こちらもまた、ごまの香ばしさが広がってすぐにもう一つ食べたくなるおいしさです。



食べ比べも楽しい!





ローソンの新商品「井村屋 ひとくち大学芋アイス」は、鳴門金時と紅はるかの味わいを比べながら食べるのも楽しいアイスでした。気になる人は、ぜひ試してみてくださいね♪



井村屋 ひとくち大学芋アイス 10ml×3個×2種類
発売日:2023年11月14日(火)
ローソン標準価格:235円(税込)
https://www.lawson.co.jp/recommend/original/detail/1476564_1996.html
※鳴門金時1個(10ml)当り:カロリー33kcal、たんぱく質0.2g、脂質1.8g、糖質4.1g、食物繊維0.1g、炭水化物4.2g、食塩相当量0.03g、
紅はるか1個(10ml)当り:カロリー31kcal、たんぱく質0.2g、脂質1.6g、糖質3.9g、食物繊維0.1g、炭水化物4.0g、食塩相当量0.03gとなります。
※店舗、地域によりお取扱いのない場合がございます。
※地域により予告なく販売終了になる場合があります。
※「ローソン標準価格」とは、株式会社ローソンがフランチャイズチェーン本部として各店舗に対し推奨する売価のことをいいます。



[All Photos by Komori]




https://iemone.jp/article/gourmet/yamazaki_425256/