こんにちは、国際中医薬膳師のsatominです。
病院に行くほどでもない体の不調や未病を、東洋医学をベースにした薬膳で改善できたらいいですよね。
薬膳というと「難しそう」「特別な食材を使うんでしょ?」といったイメージがありますがご安心を。本格的な薬膳茶の他にも、お手軽にコンビニで買える物を使った、ズボラ飯ならぬズボラ薬膳もご紹介します!

【お手軽ズボラ薬膳file01:夏バテを撃退!夏の薬膳】

第1回目は夏バテを撃退!夏の薬膳です。
毎日暑い日々が続き食欲を落ちてやる気がでないという方もいるのでは?そんな時には夏の薬膳を取り入れてみましょう。

東洋医学(中医学)では夏は立夏から立秋の前日までのおよそ3ヶ月間を指します。
夏の薬膳は体内の熱を冷ます「清熱」と、体内の水分のバランスを調整する「生津」の効能がある食物を用います。夏は心気を傷め易いので養心安神も大切です。


■お手軽!コンビニ薬膳編

まずは、手軽で簡単!コンビニやスーパーなどで買える物を使います。
夏の暑さやエアコンによる冷えでちょっとだるいという方や、未病を改善する夏の薬膳です。

「甘酒」が夏に飲むと良いというのは知れ渡ってきていますが、薬膳的にも生津と、疲れやすい時に気を補う「補気」の効能があり、夏に最適です。江戸時代の夏の定番ドリンク「甘酒」は現代でも夏に摂りたい飲み物です。暑い時はホットではなく冷やし甘酒もいいですよ。


第1回目なので基本的なことをお話しすると、薬膳では食物には「性味帰経」というのがあります。食性は温性、熱性、平性、寒性、涼性の五性あります。食性は体を温めたり冷やす性質のことです。食味は酸味、苦味、辛味、鹹味(かんみ)、甘味の五味あります。食味には、東洋医学的には私達が味わっている食物の味と、人体に効能がある「食味」という2つの意味があります。五味が体(五臓六腑)のどこに作用が伝えられていくかが帰経と言います。
前述の「甘酒」で言うと、食性は温性、食味は甘味と辛味、帰経は心肝肺胃になります。


また、薬膳の大切な考え方として「弁証」があります。季節だけでなく、その人その人の体質にあった食物を摂ることを大切にするという考え方を「弁証」と言います。
【暑がりタイプ】【冷え性タイプ】の2タイプのうち、あてはまる方を見てみてくださいね。