バンダイナムコエンターテインメントはPS4『リトルウィッチアカデミア 時の魔法と七不思議』についての新たな情報を公開しました。

本作は人気アニメ「リトルウィッチアカデミア」の世界観をベースにしたアクションRPG。図書館の地下に隠されていた“ホロロギウムの間”の封印を解いてしまったアッコ達が、永遠にループする1日に閉じ込められ、さらに“ルーナノヴァ七不思議”の怪奇現象にも襲われるというドタバタなオリジナルストーリーが展開していきます。



冒険の舞台となる学園内は自由に探索できるので、様々な人から話を聞いたり、魔法を使ったりして解決の糸口を探していきましょう。見事“七不思議”を解明できればダンジョンが出現。ダンジョン攻略によって先のストーリーが楽しめるようになります。



本作には、ゲーム内のキャラクターがまるでアニメを見ているかのように活き活きと動く、VHS(Visual Harmony System)を採用。普段はおっとりとしたロッテが大好きな小説について熱く語る姿や、スーシィの一歩引いたような皮肉屋な性格は必見。ゲーム内のアニメパートは、TVアニメ版を製作した株式会社トリガーが担当することも決定しました。

PS4『リトルウィッチアカデミア 時の魔法と七不思議』は、11月30日発売予定。価格は通常版とダウンロード版がそれぞれ7,600円(税別)、トリガー描き下ろし特製収納BOXや、スペシャルコンテンツBlu-rayディスクなどの豪華特典が付いた初回限定生産版は11,100円(税別)です。

なお予約特典には、テレビアニメ第18話での大活躍がファンの間で語り継がれている「魔導戦士グランシャリオン」のスペシャルゲームが遊べるプロダクトコードも用意されています。


(C)2017 TRIGGER/吉成曜/「リトルウィッチアカデミア」製作委員会
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.