日本一ソフトウェアは、PS4ソフト『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』の新たなビジュアルやシステムなどの最新情報を公開しました。

『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』は、独特の雰囲気が特徴のダンジョンRPGです。プレイヤーは“人形兵”を率いて、妖しげな街「ルフラン」の地下に広がる迷宮の踏破を目指します。本作は2016年6月23日に発売されたPS Vita用同名タイトルの移植作品で、“ファセット”と呼ばれる職業に新しいビジュアルが追加されるなど、様々な面がパワーアップしています。

今回、この本作のメインキャラクター、ドロニア一行が出会う登場人物や、ルフラン市に伝わる奇妙な“ルール”、さらに人形兵たちの新たなビジュアル、戦闘システムなどの情報が公開されました。

◆メインキャラクター紹介
■夕闇の魔女 “ドロニア”

CV:仙台エリ
黒い装束に身を包んだ、黒髪と美貌を持つ魔女。王に仕える宮廷魔女で、その赤と青の目の色から、夕闇の魔女と呼ばれおり、自らを“バーバ・ヤーガ”と名乗っている。

■魔女の弟子 “ルカ”

CV:種崎敦美
夕闇の魔女ドロニアの弟子で一緒に旅をしている。元気で明るく、泣いたり笑ったりと表情がくるくる変わる。

■プレイヤーの分身 “レキテイ”

プレイヤーの分身“妖路歴程(ようろれきてい)”通称“レキテイ”。かつて地下迷宮に挑み、その奥底から帰還した男が書き残したとされる伝説の書物。呪われた書物とも呼ばれており、長い間、その所在が不明となっていた。いずこから入手したのか、魔女“ドロニア”の手によって、辺境の街・ルフラン市へと持ち込まれることになった。本来はただの“いわくつきの書物”であったが、ドロニアたちが街に到着する少し前、突如“何者かの魂”が書物に宿り、意思を持つ書物へと変貌。臙脂色の装丁が施されていた表紙には、目や口と思われる部位が発現し、意思とともに様々な動きを取るようになった。

■地下迷宮で出会う謎の青年 “ネルド”

CV:福島 潤
「……僕を舐めるなよ、魔女ドロニア。これが最後の警告だ。今すぐ地下迷宮の調査はやめろ。」


腰に刀剣をたずさえた銀髪の青年。ドロニア一行による地下迷宮の調査をこころよく思っておらず、対立することになる。刀剣術を得意とする武闘派。

◆ルフラン市に住む人々

物語の舞台となる都・ルフラン市には、様々な人々が住んでいます。辺境の街では魔女に対する差別が根強く、ドロニアと弟子のルカは旅の人形劇の一座を装いながら、街の住人達から探索に必要な物資や情報を入手していきます。

■ルフラン市の領主代行 “ペトローネ”

CV:佐々健太
「おや、クラウス。 戻っておったのか?バーバ・ヤーガ様は……お、おお! もしや、あなたが……?」

ルフラン市の領主(代行)であり、この街で大きな商店を営んでいるペトローネ商会の会長でもある。地下迷宮の調査を稀代の大魔女といわれるバーバ・ヤーガに依頼した張本人。


■領主代行に仕える執事 “クラウス”

CV:森嶋秀太
「私の名前を覚えていただいて光栄です。 今日は何かお探しですか?」

ペトローネ商会で働く執事。物腰が柔らかく誰に対しても丁寧な言葉遣いで接する人格者。だが、そのためまわりの人間のわがままに振り回されることも少なくない。


■眼帯の修道女 “マリエッタ”

CV:桑原由気
「申し遅れました。わたくし、この先の修道院に身を置いております、修道女のマリエッタと申します。」

修道院に身をおく隻眼の修道女。普段は芋を主食とし清貧をむねとした生活を営んでいるが、神に仕える身でありながらも、機会があれば肉を食べ酒も嗜む破戒僧。

◆妖しげな雰囲気が漂う街、ルフラン市
ルフラン市は王都から遠く離れた場所に位置する、他の都市との交流をほとんど持たない“忘れ去られた街”です。かつては地下迷宮の噂を聞きつけた探索者達の来訪で賑わっていましたが、あまりの難攻不落ぶりに今では挑戦する者もいなくなり、街の外からの訪問者は途絶えつつあります。

人気(ひとけ)が薄れるもルフランの街では依然として住人達が生活を営んでいますが、その街の様子はどこかおかしく、奇妙な雰囲気が漂っています。


地下迷宮と繋がっている「カラザの井戸」。井戸の外側にあるガゼボ(あずまや)の扉には鍵がかけられており、許可なく近づくことはできません。


王都からやってきたドロニアはルフラン市に存在する独自のルールや風習に違和感を覚えますが……。

■“夕刻の鐘が三度鳴ったら、朝まで決して外に出てはいけない”
ルフランの街には、この街だけの“ルール”が存在します。住人達は夕刻の鐘が三度鳴ると雨戸を閉め、朝まで外に出ることはありません。

この街を訪れたドロニア達も、ルールを必ず守るように住人から言い含められます。その決まりを破った者には、夜にのみ現れる“穢レ人”と呼ばれる存在によって死が与えられると伝えられています。


一見、夜間の外出を禁ずるためのおとぎ話のようにも聞こえますが、 “穢レ人”という怪異は実在するのだといいます。

■“夜”の犠牲者を知らせる“葬式告知人”
ルフラン市の住人にとって 、“葬式告知人” は朝の訪れを告げる身近な存在です。夜間に死亡した者の名を大声で読み上げながら巡回するという風変りな習慣は、領主代行ペトローネが始めたものと言われています。


葬式告知人をはじめとしたルフランの兵士たちは、瘴気を防ぐため香草を詰めたマスクを身に着けています。

◆ファセット紹介

人形兵たちの個性を決定づける最も大きな要素、それが“ファセット”です。ファセットとはいわゆる「職業」であり、全部で8種類が存在します。

人形兵を作成する際には外見(ビジュアルタイプ)をはじめ、ステータスや性格、スキルなど、様々な初期パラメーターをプレイヤー自身が自由に設定できます。

PS4版『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』では、PS Vita版からファセットのビジュアルとボイスのタイプを新たに14種類追加。好みの人形兵で、理想の旅団を作り上げましょう。

■シノブシ


東の国の戦闘技術を習得した、戦いのプロフェッショナル。多くの武器を使いこなすことができるが、特に“刀剣”の扱いに長け、両手に装備すれば二刀流で手数を稼ぐことができる。耐久力は低いが回避力に優れており、敵から狙われにくい隠伏スキルを持つ。

■ピアフォートレス


全身鎧で身を固めた、防御特化の重歩兵。“戦術甲”と呼ばれる武装を得意とし、守りこそ“最大の攻撃”を信条とした“防御”からの攻撃展開に秀でている。最前線で仲間を守りながら反撃のチャンスを作りだす、攻撃の起点的な役割を担うディフェンダー。

■マージナルメイズ


“ドナム”と呼ばれる術に長けたファセットで、カヴンに一人でもいれば、術の威力などに補正がつく優秀なスキルを有する。また得意武器である“蝕台” には焔、泥、霧の属性が付いている場合が多く、前衛後衛どちらでも活躍が期待できる万能型人形兵。

◆スキル「壁壊し」
■壁を壊し、自身の道を切り開け
プレイヤーの分身である「妖路歴程」は、魔女ドロニアによって様々な能力“レキテイスキル”を授かります。その中で最も特異な能力が“壁壊し”。壁を破壊し隣接する通路や部屋への移動を可能にする、ダンジョンRPGの前提を覆すようなスキルです。

この能力を使うことで、プレイヤーは自らの進路を自由に作り出したり、強敵から身を隠したり、閉ざされた秘密の部屋を見つけだすことができます。



“壁壊し” は、“リインフォース”というポイント を消費して行います。左上に表示されているのはリインフォースの残量。概念としてはいわゆるMP(マジックポイント)などに近く、ダンジョン内で回復する手段は限られています。

■“レキテイスキル”と“リインフォース”
“壁壊し”をはじめとするレキテイスキルを使う際には、“リインフォース”と呼ばれる力の源を消費します。壁壊しの他にも、人形兵たちのレベルアップを促進したり、一時的な脱出口を作ったりとリインフォースの使い道は多岐に渡ります。限りあるリインフォースの使いどころを考えるのは、妖路歴程の重要な役割です。


取得できる“レキテイスキル”はゲームの進行に合わせて増えていきます。

◆迷宮探索
■探求せよ、その財宝は命を賭けるに値する

地下迷宮には、多くの宝箱やトレジャーが眠っています。人形兵たちの装備や換金アイテム、新たなカヴン結魂書……。いずれも地上ではお目にかかれない貴重なものばかりです。奥へ進むほど、また長くダンジョンに潜るほど、手に入るアイテムは多くなりますが、そのぶん危険も増加します。まだ見ぬ財宝を求めて、スリルに満ちた探索を楽しみましょう。

■装備品とレアリティ
迷宮で手に入る装備品には「COMMON」「RARE」「EPIC」「LEGENDARY」といった“レアリティ”が存在します。高レアリティな装備ほど性能が良く、当然入手は困難ですが、手に入れることができれば戦力を大幅に強化することが可能です。


高レアリティの装備には「二つ名」と、それに応じた性能が付加されます。同じ性能の装備はほぼ存在しないと言えます。

■ハック&スラッシュ
高レアリティの装備を入手するには、より多くの敵を倒し、迷宮の奥底にある宝箱にたどり着く必要があります。もちろん、そうした探索を行うには、相応の準備と装備が欠かせません。ダンジョンの探索と人形兵の強化を繰り返し、さらなる強敵の撃破や高レアリティのアイテムの入手を目指す・・・、いわゆる“ハック&スラッシュ”も本作の醍醐味のひとつです。



高い能力を持つ“強敵”は通常の敵とシンボルの色が異なります。倒すのは困難ですが、貴重なアイテムをドロップすることが多いなどの特徴を持ちます。

◆迷宮内で繰り広げられる物語
■地下迷宮の“奥底”で待ち受けるもの

魔女ドロニアと弟子のルカ、そしてプレイヤーの分身たる書物“妖路歴程”に、数多の人形兵たち。奇妙な魔女の一行が挑むのは、前人未到・人跡未踏と謳われる伝説の地下迷宮。瘴気に満ち溢れた地下迷宮は、ただの迷宮であるはずもなく、その内部はいくつもの“区域”に分かれ、あたかも“別世界”のような空間が広がっています。


時に“人ならざる住人”と遭遇し、時に“独自の文化”で彩られた奇抜な空間に迷い出ることも・・・・・・


ルフランの地下迷宮に眠る秘宝――あるいはその“正体”はいったい何なのか?摩訶不思議な迷宮に秘められた“謎”を、ぜひ解き明かしてください。



PS4『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』は、9月28日(木)発売予定。価格は通常版が6,980円(税別)、オリジナルタロットカードやCD2枚組のサウンドトラックなど豪華特典が付いた復刻限定版が8,980円(税別)です。

(C)2016-2017 Nippon Ichi Software, Inc.