そろそろ『スプラトゥーン2』に慣れてきてガチマッチに挑もうとしている人たち、あるいは少しずつガチマッチに挑戦しているというプレイヤーの皆さんも多いのではないでしょうか。名前のとおりガチマッチはガチにバトルするものになっており、ルールもナワバリバトルとは少し異なります。

今回の記事では、そんなガチマッチにおける基本をお伝えします。これを読めばウデマエがグンと上がる……かどうかは保証できませんが、知っていると得する情報をまとめています。

◆ガチエリアの基本とコツ
ガチエリアは、ステージ中央にあるエリアを奪い合い、より多くのカウントを稼いだチームが勝利となるルールです。ガチマッチの中では最もオーソドックスな内容になっており、日本ではこのルールが一番人気となっています。

エリアを奪えばいいということで割とナワバリバトルに近いように思いますが、塗るべき場所が限られるだけでバトルの感覚はかなり変わります。特に、エリアを奪った時いかに守るか、エリアを取り返す時いかに味方と息を合わせるかが重要になります。

■3つのルートを覚える
『スプラトゥーン2』のステージは、左・中央・右の3ルートが用意されていることがほとんどです。攻める時はそれぞれからバランス良く攻めたほうがいいですし、守る時はどこかを見逃していると裏をかかれてしまいます。

また、ルートを選ぶ際には自分のブキに向いたものを選びましょう。たとえば直線的なところであれば長射程ブキが有利ですし、逆に入り組んだ場所であれば短射程シューターやノヴァブラスターなどが有利になります。とはいえ、誰も守っていないルートがある場合は無理にでも守る必要があるでしょう。

■ペナルティを意識する
奪われたエリアを敵チームから取り返すと、相手にペナルティ(カウントの下に表示される+○○というもの)がつきます。ペナルティがついたあとは仮にエリアを取り戻したとしても、そのペナルティがゼロになるまでカウントが進まないようになります。

そのため、エリアを奪い返せる時はきちんと塗って相手にペナルティを与えましょう。このペナルティの存在はかなり大きく、たとえカウント1まで押し込まれても逆転できる可能性は十分にあります。

■スペシャルウェポンをあわせる
どのルールでも同じですが、味方とスペシャルウェポンのタイミングを合わせるのが重要です。自分ひとりの時にマルチミサイルを撃っても避けられるだけですし、インクアーマーを使うならみんなで攻めている時のほうがいいのは言うまでもなく。やられた味方がいたら、復活するまで塗りながら待ってあげましょう。

◆ガチヤグラの基本とコツ
ヤグラに乗って相手陣地のゴールを目指すガチヤグラ。ヤグラは特定のルートで進むため(地面の進行ラインでどのように動くかわかります)、まずはさんぽをしてルートを確認しましょう。

■ヤグラに乗るのはひとりでよいが、乗らないのはダメ
ヤグラは誰かが乗っている時にだけ進行します。そのため、相手の数が減ったチャンスだと思ったら積極的に乗るべきです。ただし、前作と異なり今回は何人乗ってもヤグラのスピードは変わらない模様。そのため乗るのはひとりで良いのですが、そうなると皆「きっと誰かが乗るだろう……」と思い出すので注意が必要です。

■カンモンが攻めと守りのキモ
ヤグラを進めていくとカンモンに行き当たります。カンモンでは一定数のカウントの間、強制的に足止めされることになります。防衛側からすればこれは非常に大きなチャンスで、必ずここで相手のヤグラを止めたいところ。事前のさんぽで、カンモンのヤグラをどう攻撃すると止めやすいか考えておきましょう。

逆に攻めている時は、是が非でも突破したいのがこのカンモン。一度突破してしまえば、次に攻める時にカンモンは存在しません。多少強引にカウントを進めるのも時には正解となります。

■柱は頼れる盾
ヤグラの上にある柱はとても優秀で、チャージャーの射撃などを防いでくれます。基本的に敵と自分の間に柱があるように動き回るといいでしょう。とはいえブラスターの爆風などは防ぎきれないので、過信は禁物です。

◆ガチホコバトルの基本とコツ
ガチホコバトルは、ガチホコを持って相手のフジツボを目指すというルールです。ガチヤグラに似ていますが、こちらは自由なルートを選択できるうえ、ガチホコ自体がブキになっています。また、ガチマッチの中で最も難解なルールであることも特徴。コツを掴むまでは苦労するかもしれません。

■運ぶルートを覚えるべし
前述のように、このルールはガチホコを運ぶルートが複数あることが重要です。相手が特定のルートの守りを固めているのであれば違うルートを選んだほうがいいですし、単純に直線距離が短いルートが空いていればそこに行くべきでしょう。

とはいえ、最初はどこへ持っていけばいいのかわからないはずです。よってこのルールでも事前のさんぽが重要。どんなルートがあるのか覚えて、かつカウントの進み具合なんかも理解しておくといいでしょう。

■ガチホコショットを習得せよ
ガチホコを持っている時、最大まで溜めてからガチホコショットを撃つと着弾地点で爆発が起こります。これは基本的にガチホコでしか使えない攻撃なので、最初のほうは慣れるまで大変かもしれません。さんぽで練習できるので試してみましょう。

ガチホコショットは着弾地点で爆発するため、進行ルートに潜んでいる敵をあぶり出すことができます。敵がよく隠れている場所、あるいはいそうな場所に撃ってみましょう。

■ガチホコは数的有利時に持つ
たまにですが、ガチホコが落ちているのに誰も拾わないなんて状況が起こるかもしれません。実際のところ「いつガチホコを持つか」というのはかなり難しく、タイミングがよくないとすぐにやられてまた落とすこともしばしば。

具体的にいつ持てばいいのかというのはやはり状況によるのですが、迷ったらとりあえず画面上部のイカアイコンを見ましょう。味方より敵の数が少なければチャンスなので、持っても問題ない状況になっていることが多いと思われます。

■リセットもひとつの手
もし敵にガチホコを運ばれ、自軍近くに落とされてしまったら。フジツボの近くにガチホコがあると危険すぎますし、かといって強引に進めることも不可能になってしまうかもしれません。

こんな時は、ガチホコを持ってあえて水に入ったりするのも手のひとつです。ガチホコ持ちが自滅すると、ガチホコは自動的に元の位置に戻ります。放置してしばらく経ってもリセットされますが、早急にリセットしたい場合はこの手段が有効です。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
さて、各ルールについていろいろと指南しましたが、最後にガチマッチ全般に言える3つの鉄則を語って終わりにしようと思います。

まず、いろいろなブキを試すこと。ステージによってブキの強弱は変わります。続いて、塗りを意識すること。塗らないで突っ込んでやられてばかりではチームを負けに導いてしまいます。そして、ウデマエが下がっても気にしすぎないこと。負けた時に反省して次に活かせるイカこそが強くなるのです。

(C)2017 Nintendo