スクウェア・エニックスは、Tokyo RPG FactoryとSQUARE ENIXが贈る「Project SETSUNA」第2弾タイトルとなる、ニンテンデースイッチ/PS4ソフト『LOST SPHEAR』(ロストスフィア)の公式サイトを更新し、新たな情報を公開しました。

記憶によって形作られる世界を舞台に、記憶の力を使う少年「カナタ」が巡る旅路を綴る『ロストスフィア』。記憶が失われると存在も消えてしまう「ロスト」という理を持つ世界に、カナタの存在がどのような影響を与えていくのか。多くのゲームファンが注目を寄せています。

このたび公式サイトが更新され、ゲームシステムに関わる新たな要素“機装”を発表。古代人が残したこの機械兵器は、搭乗者の能力を大幅に高める極めて貴重な兵器で、行く手を遮る障害物の排除も可能。また、戦闘中の乗降も可能で、搭乗時には攻撃力・防御力などが大幅に上昇。カナタたちの冒険を、大いに助けてくれる存在となるでしょう。

公式サイトでは、“機装”の詳細や、新たなキャラクターなどをお披露目。更に詳しく知りたい方は、そちらも併せてチェックしてみてください。

■“機装”とは
古代人が残した機械兵器“機装” - 遥か昔に存在した機械文明が遺した機械兵器“機装”。搭乗者の能力を大幅に高めるとともに、機体固有の機能“パラダイムドライブ”を有し、戦場において圧倒的な存在感を発揮する。極めて貴重な兵器だが、帝国と協力し、ロスト現象の謎を追うカナタたちは偶然にも入手することとなる。

機装に搭乗した状態での全ての行動は、エネルギーを消費して実行される。EN(エネルギー)ゲージはパーティ共通で、エネルギーが0になると機装に乗ったメンバーは強制的に降機されるため、エネルギー管理は慎重に行う必要がある。なお、エネルギーは宿屋で休むことで回復することができる。
(C)2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Developed by Tokyo RPG Factory.