日本一ソフトウェアは、PS4/PS Vitaソフト『深夜廻(しんよまわり)』の最新情報を公開しました。

帰ってこない愛犬と姉を探しに、少女がひとり夜道を進む和風ホラーアクション『夜廻』は、寂しさと不安、得体の知れない恐怖が織りなす物語を描き、大きな注目を集めました。そんな前作の魅力を継承し、ふたりの少女が互いを捜しに夜の闇へと足を踏み出すシリーズ最新作『深夜廻』が、2017年8月24日に発売されます。

暦も8月に入り、本タイトルの発売まで残り3週間となりました。そこで今回は、本タイトルの基本情報をおさらいすると共に、これまで紹介されていなかったステージや新たなサブイベントなどに迫ります。発売日に備え、しっかりとチェックしておきましょう。

◆『深夜廻』基本情報
■物語

夏休みが終わるころ。
ふたりの少女は裏山へ、花火を見に出かけました。

しかし、夜が更けるにつれ、帰り道がわからなくなってしまいます。繋いでいた手を話した際に、ふたりは離ればなれになってしまいました。

ふたりの少女は何者かが潜む不気味な夜の街を、勇気を振り絞って冒険します。

■ふたりの少女は、深き夜闇を廻る。

本タイトルは、ふたりの幼い少女が不気味な夜の街を探索するアクションゲームです。花火大会の帰り道にはぐれてしまったふたりの少女は、お互いを捜すため、昼と全く異なった夜の街を彷徨います。

■二人の少女が紡ぐ物語

物語は、ユイとハルのふたりの視点が入れ替わりながら進行します。片方の少女の物語で行った行動や得られた情報は、もう一人の少女で役立つこともあります。


ふたりの少女は、手に持つ「懐中電灯」の光を頼りに、お互いを探すため、夜の街を彷徨います。ユイとハルの物語は、幾重にも連なりながら進んでいきます。

◆ステージ紹介
■ゴミ捨て場
街の外れにあるゴミ捨て場。日用品や家電、果ては電車までも破棄されている。



■山
木々が生い茂っている山の奥。鬱屈としており、街中とは異なる雰囲気を醸し出す。



◆闇に紛れ、行く手を阻む「お化け」

少女たちが探索する夜の街には、得体の知れない「お化け」が潜んでいます。「お化け」に出会った際には、道具を使う、物陰に潜むなどして、捕まらないようにする必要があります。


夜の街の探索時、目的の場所への探索ルートは複数存在するので、あえて遠回りをするのも一つの手です。

■襲い掛かる「お化け」たち
●人面蟹
人の顔を持つ巨大な蟹のお化け。特定の場所を素早く往復している。



●コトワリさま
鋏を手に持つお化け。少女の背後に急に現われては、赤く染まった鋏で襲い掛かる。



●タイヤ輪入道
道路に現れるタイヤのお化け。猛スピードで走り去っていく。



●虚ろな霊
呆然と立ち尽くしているお化け。少女を見つけると、唸り声を上げならが追いかける。



◆サブイベント
物語を進めていると、お化けにまつわる「サブイベント」が発生することがあります。「サブイベント」では、お化けにまつわるエピソードを楽しむことができ、収集アイテムを入手することができます。

●サブイベント紹介
街中の至る所に描かれているラクガキ。すべてのラクガキを見つけると…。



●サブイベント紹介
「お化け」から隠れる際に、笑い声とともに何者かから語りかけられることもある。



◆初回限定版情報
1.描き下ろし専用BOX(透明スリーブ&豪華三方背BOX)

2. アートブック(40ページ、縦191mm×横135mm)
前作『夜廻』&『深夜廻』の設定画や、ゲーム・販促で使用されたイラストを収録したアートブック。

3.『深夜廻』前日譚小説(40ページ、縦191mm×横135mm)
ユイとハルの二人の視点を交互に行き来するザッピング小説

4.『深夜廻』ポストカードセット(全4種)
パッケージイラストやイメージボードを使用したポストカードセット



『深夜廻』は2017年8月24日発売予定。価格は、PS4の通常版が6,980円(税抜)、初回限定版版が8,980円(税抜)。PS Vitaの通常版が5,980円(税抜)、初回限定版が7,980円(税抜)です。

(C) 2017 Nippon Ichi Software, Inc.
※ゲーム画像、イラスト、テキストは開発中のものです。