兵庫県で行われた「FGO冬祭り 2017-2018 〜冬のファラオ大感謝祭〜」のフォトレポートに続いて、今回は「トークイベント」の模様をお届け致します!クリエイターの皆さんに加え、あの有名声優さんたちも登壇した兵庫会場の本イベント。早速見ていきましょう。

◆クリエイターズトークイベント


当日10時、ついに幕を開けたトークイベント。アニプレックスの金沢氏の司会進行のもと、「FGO PROJECT」クリエイティブディレクター・塩川氏、マーケティングディレクター・石倉氏、そして「ディライトワークス」サウンドチームの白山氏が登場してくれました。

過去の『FGO』イベントでも司会を務められたことのある金沢氏は今回、「名モナキ ファラオ」なりきりパーカーを着たとても可愛らしい格好でした。壇上の皆さんは挨拶を終えたのち、まずは現在ゲーム内でも進行中のイベント「冥界のメリークリスマス」についての話に。

同クリスマスイベントで中心となっているサーヴァントはエレシュキガルですが、サンタ役に誰を抜擢するかにも頭を悩まされたとのこと。また塩川氏は、イベントの醍醐味の一つ「ボックスガチャ」について、他のマスターたちの試行回数の統計をとっており、終了まであと二日残した時点ですでに200回以上回した猛者の方もいる事実が発覚。始まって早々、会場はにわかにどよめいていました。


次なるトークテーマは「FGOのここを担当しています!」。こちらでは、白山氏を中心にサウンド関連のお話をたくさん聞けました。



白山氏は、現在実装されているストーリーの中だと「第七特異点」と「終局特異点」のサウンド作成が特に大変だったそうです。本編でも重要な要素を持ったストーリーだっただけに、クリエイターさんに課せられたハードルも高かったのかもしれません。

他には現在のサウンドチームの人数や今まで手がけた仕事の内訳など、興味深い話がてんこ盛り。白山さんは『FGO』本編だけでなく、「FGO カルデア・ラジオ局」のテーマ曲作成にも携わっており、サウンドに関するそのマルチな活躍が窺えました。

同じく『FGO』本編以外のサウンドでいうと、『Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト』の話題も挙がっていました。


よりリアルな音の素材収録のため、実際に自然豊かな地へと足を踏み入れることもあるとのこと。その際は不要な鳥の鳴き声が鳴り止まないことに苦労させられてしまったとか。

また、全サーヴァントの中で効果音が最も多く使われた宝具の使用主を、参加者が選択肢から予想するという全員参加型クイズも。同じ時を共に過ごしていることがより実感でき、楽しいだけでなくなんだか嬉しい感情も湧き上がってきたのをよく覚えています。

ちなみにこちらの答えはイシュタル(ライダー)の全15個。平均的な効果音の数はは6、7個とのことなので、いかに大変であるか、そしてその大変な仕事を見事に果たしているサウンドチームの皆さんの情熱が伝わってきました。皆さも、プレイする際はぜひ音を出して耳でも楽しんで下さいね。


サウンドに関する知識が深まった後は、「復刻:教えて塩川さん!」という質問のコーナー。「FGO冬祭り 2017-2018 〜冬のファラオ大感謝祭〜」の公式HPにて事前に募集したマスターたちの疑問に、塩川氏ら壇上の皆さんが答えてくれました。ここでもただアドバイスを送るのではなく、「オススメの星3概念礼装は?」という問いに対しては実際にレベルマックスにしているマスターの数が多い順にランキング形式で発表するというひと工夫が施されていました。


この後セイバーのフィギュア 和服Ver.など豪華景品が当たる「プレゼント抽選会」を実施。そして公式Twitterのハッシュタグが「#fgo」になるという連絡のほか、玉藻のモーションをリニューアル中という気になる発表もありました!

最後は白山氏、石倉氏、塩川氏の順に『FGO』にかける思いやマスターたちへの感謝の思いが述べられたのち、閉会となりました。

展示場内を回遊する石倉氏に声をかけると「Buster」シールが貰えるという告知があり、周りには多くのマスターたちが集まっていました。

次ページ:声優さんたちが登壇したゲストトークイベント

◆ゲストトークイベント

終始大盛況だった「クリエイターズトークイベント」が幕を閉じた1時間後、次に開催されたのはキャストの方々が壇上に上がる「ゲストトークイベント」です。

こちらも司会進行は金沢氏が務める中、公式HPにて告知されていた通り、川澄綾子さん(アルトリア・ペンドラゴン役)と大久保瑠美さん(アストルフォ役)のお二人が登場し、会場では大きな歓声が湧き上がりました。


大興奮の中、お二人の挨拶後に始まった最初のコーナーが「振り返りコーナー」。実際に『FGO』をプレイされているお二人は、すでにクリスマスイベントもチャレンジされているそうです。「クリエイターズトークイベント」と同様「ボックスガチャ」を回した回数のほか、「冥界のメリークリスマス」で活躍するエレシュキガルやサンタ役に抜擢されたアルテラはお気に入りのサーヴァントの一人とのこと。


そして和やかな雰囲気のまま移った次なるコーナーは、「クエストついていってもいいですか」。こちらは実際に『FGO』をプレイするお二人のゲーム画面を観戦できるというもの。


川澄さんも大久保さんも会場の皆さんのリアクションを見ながら、プレイをとても楽しんでいるように見えたのがとても印象的でした。プレイしたクエストは「冥界のメリークリスマス」のもので、攻略の参考になったマスターも多くいたのではないでしょうか。


そして迎えた三つ目のコーナーは、お二人が『FGO』にまつわるお題に答えて下さった「ファラオ大感激」という大喜利のコーナーです。


ユニークであったり、思わず頷いてしまう回答が飛び出し、とても盛り上がっていました。また、シンキング時間が川澄さんも大久保さんも短かったのが印象的。お二人とも声優として高い手腕を持っているだけでなく、頭の回転もとても早いのかもしれません。

楽しい大喜利の後は川澄さんや大久保さんのサイン入りポスターなどが当たる「プレゼント抽選会」、さらには年末に放送される『FGO』アニメ情報のお知らせへと続きました。



アニメ情報の後は、「クリエイターズトークイベント」を盛り上げてくれたクリエィティブディレクターの塩川氏が再登場。塩川氏の口からは、年末の福袋ガチャや2018年実装予定のイベントについてなど最新情報が多く語られました。当日発表された『FGO』最新情報についてはこちらの記事をご確認ください。


最後の挨拶にて、塩川氏、大久保さん、川澄さん全員からプレイヤーの人たちへの深い感謝の言葉や作品愛が語られ、惜しまれつつも閉会の時を迎えることとなりました。




今回実施されました二つのトークイベント、そのいずれもが大盛況でした!

また「ゲストトークイベント」の後、メインステージでは一般参加の方が壇上に上がってクエストでの最高ダメージ数を競う「チャレンジクエストステージ」が開催され、こちらも大盛り上がり。

この23日をもって兵庫県の『FGO冬祭り 2017-2018 〜冬のファラオ大感謝祭〜』は閉会となりますが、2018年には宮城県(1/14)、広島県(2/24)、大分県(3/4)での開催が予定されています。ステージゲストが異なるなど、各地域の情報やチケットについてを公式ホームページにてぜひチェックしてみてください。