9月12日〜15日に幕張メッセで開催された「東京 ゲームショウ2019」。13日(金)、DMM GAMESブースにて、『ミストトレインガールズ 〜霧の世界の車窓から〜』スペシャルステージが行われました。

会場では、本作のプロデューサーとクリエイティブディレクターを務めるはせP氏と、KMSの代表取締役社長である梶原健太郎氏が登壇。

スライドを交えながら、本作のゲームシステムや登場キャラクターについての詳細情報が語られました。イベントの模様について、レポートをお届けします!

ファンタジー&ミステリー要素が魅力!
幻想的でノスタルジックな世界観と可愛いキャラクター達が彩る本格派ソーシャルRPGとして、2020年春リリース予定の『ミストトレインガールズ 〜霧の世界の車窓から〜』。本作のためにDMM GAMESでは、新たなクリエイティブチームとして「クリエイティブチーム くまさん」を設立しています。


チームのメンバーには『フラワーナイトガール』等でクリエイティブを統括する長谷川雄大氏や、有名イラストレーターのかんなぎれい氏、メロントマリ氏らが在籍。本作が「クリエイティブチーム くまさん」が監修を手掛ける第一弾タイトルとなります。

会場ではまず、本作のPVを公開。ストーリーについてはせP氏は「ファンタジー世界を縦横無尽に駆け巡る物語や、人や動物を飲み込む霧が何故発生したのかを探るミステリアスな部分も楽しんでほしい」とコメントし、ファンの期待を煽りました。

はせP氏

物語への没入感を高めるため、アドベンチャーのキャラクターは全編アニメーション調で作られています。


本作のシナリオは日日日(あきら)氏、川添枯美氏ら豪華製作陣が担当。シナリオチームからのメッセージも公開となりました。



運営開発を、童話系RPG『オトギフロンティア』を開発したKMSが担当。梶原氏は本作について、プレイヤーがキャラクターにより愛着を持ってもらうように作ることを心掛けたと話します。

梶原健太郎氏
全てのキャラクターには、レアリティ違いが存在。
どんなキャラクターでも最前線で活躍ができる環境と仕組みが用意されているそう。
最後に、はせP氏が「全員が一丸となって今回のものづくりをしているので、ユーザーの皆様には期待して頂ければと思います」と挨拶し、イベントは終了の時間を迎えました。

『ミストトレインガールズ 〜霧の世界の車窓から〜』は、2020年春リリース予定です。

公式サイト
公式Twitter