人気シリーズの最新作から意欲的な新規IPまで、様々なタイトルがゲーム市場を賑わせています。一ヶ月の間にリリースされる本数も多く、その全てをチェックするのは案外難しいもの。後から気になるタイトルに気づくことも、しばしばあります。

そこでインサイドでは、毎月発売されるタイトルの中から8作品をピックアップ! 期待度の高いタイトルや個性的な作品などを独断で選び、短時間でチェックできるよう紹介いたします。


今月のラインナップの中でも指折りの注目作は、シリーズの中で3D展開を果たした黎明期の3作が一度に遊べる『スーパーマリオ 3Dコレクション』。発表自体の電撃的でしたが、リリースまでの期間も短く、気が付けば発売が目前へと迫っています。


また、新たなオープンワールドアクションRPGとして注目を集めていた『原神』も、今月末にいよいよ正式サービスを開始。スマホやPCでも遊べますが、腰を据えて大画面で楽しみたい方は、PS4でのプレイもお勧めです。

このほかにも、『Marvel's Avengers』や『メタルマックスゼノ リボーン』など、ユーザーの心をくすぐるラインナップが並んでいます。秋の気配を感じながら遊ぶタイトルを、この8本の中から選んでみてはいかがでしょうか。

『Marvel's Avengers』

国内外で人気を博す「アベンジャーズ」の活躍を、三人称視点のアクションアドベンチャーとして描く『Marvel's Avengers』。シネマティックストーリーは、シングルプレイのみならず、オンラインを介した最大4人のマルチプレイで楽しむこともできます。

登場するヒーローは、「キャプテン・アメリカ」に「アイアンマン」、「ハルク」や「ブラック・ウィドウ」と、錚々たるメンバー。「ギア」と「スキル」を強化し、自分好みの戦闘スタイルで強敵に立ち向かいましょう。

『メタルマックスゼノ リボーン』

“戦車と犬と人間のRPG”再誕! 2018年に発売された『メタルマックスゼノ』をベースに、ほぼ全ての要素を一新した意欲作が、この『メタルマックスゼノ リボーン』です。物語の大筋は『ゼノ』の流れを踏襲しつつも、大胆な調整をほどこしたり、魅力のひとつ「カスタマイズ」を更に掘り下げるなど、前作経験者にとっても驚きの多い一作に仕上がっています。

シリーズファンにとって見逃せないポイントと言えば、最愛の相棒である「ポチ」(戦闘犬)の復活でしょう。健気に戦う姿は、種族を超えた絆すら感じさせます。新たな相棒と共に、ガソリンと硝煙の世界に飛び込んでみるのも一興です。なお、本作のプレイレポートも公開中なので、そちらも合わせてご覧ください。

【関連記事】
・“再誕”は単なるパワーアップにあらず!『メタルマックスゼノ リボーン』の魅力や『ゼノ』との違いに注目したプレイレポをお届け─「優等生」じゃない進化がここに
『eFootball ウイニングイレブン 2021 SEASON UPDATE』

25周年を迎える人気作品『ウイニングイレブン』シリーズ。その最新作となる『eFootball ウイニングイレブン 2021 SEASON UPDATE』は、昨年9月に発売された『eFootball ウイニングイレブン 2020』に最新データを搭載させた、シーズン更新版となります。

全身3Dスキャンにより各選手をリアルに描き、臨場感の高いプレイシーンを演出。データにアップデートと圧倒的な描写力で、現実世界の興奮をゲームの中で再現します。また、一部のリーグ・チームについては、発売後に順次、最新データへのアップデートを予定しているので、オンライン環境を用意してお待ちください。

『プロ野球 ファミスタ 2020』

こちらも人気スポーツシリーズの新たな展開となる、『プロ野球 ファミスタ 2020』。30年以上の歴史を持つ『ファミスタ』シリーズの勢いは、令和になっても留まるところを知りません。

対戦やトレーニングといった基本的な遊びから、好きなチームと自由な編成でペナントレースを突き進む「マイペナント」、野球大好きな宇宙人と戦うため、ナムコスターズの仲間を集めたり、プロ野球選手とスカウトし、決戦に立ち向かう「ファミストーリー」など、今回も様々なモードで野球の面白さを描いています。

『スーパーマリオ 3Dコレクション』

『スーパーマリオ』35周年を記念する一作として、3Dシリーズ黎明期の3作品がセットになった『スーパーマリオ 3Dコレクション』が登場します。それまで2Dアクションが主だったマリオたちの世界を一気に広げた、『スーパーマリオ64』『スーパーマリオサンシャイン』『スーパーマリオギャラクシー』を、本作でまとめて遊ぶことができます。

全タイトルがHD画質に対応しているほか、『スーパーマリオサンシャイン』の画面比率を16:9に変更。また、『スーパーマリオギャラクシー』は、オリジナル版の操作に近いJoy-Con 2本持ちに対応するなど、見逃せない変化も少なくありません。さらに、BGM全175曲を楽しめるサウンドトラックも収録されており、遊ぶだけでなく耳からも楽しめる作品です。

『この素晴らしい世界に祝福を!〜この欲望の衣装に寵愛を!〜』

原作のライトノベルをはじめ、TVアニメや劇場版など、幅広く活躍する「この素晴らしい世界に祝福を!」。数多くのゲーム化も果たしてきましたが、更なる展開として『この素晴らしい世界に祝福を!〜この欲望の衣装に寵愛を!〜』が登場します。

真逆の性格となるマジックアイテムの呪いにより、「女神のような清楚な女性人になってしまったアクア」「ロリータこそ至高と考えるめぐみん」「女王様なダクネス」など、驚きの変化を遂げてしまいます。そんな仲間たちを救うカズマの苦闘が、ADVとして描かれます。ちなみに初回特典として、STGゲームが付属するのも嬉しいポイントでしょう。

『斑鳩 IKARUGA』

様々な代表作を持つトレジャーが2001年にリリースした『斑鳩 IKARUGA』は、アーケードから始まり、様々なプラットフォームで活躍したSTGです。当初はパッケージソフトとして展開し、後のハード向けにダウンロード版を展開。PS4やスイッチ向けにもすでに配信済みですが、このたびパッケージ版が改めて登場します。

所有欲を満たしてくれるだけでなく、このパッケージ版には特製化粧箱やフルカラー解説書なども同梱するなど、パッケージ版ならではの魅力が詰まっています。特に見逃せないのは、飛鉄塊「斑鳩」の3Dメタルモデルとなる、Meatl Earth「IKARUGA」の存在。ファン心をくすぐる一品です。公式サイトをはじめ、各通販サイトでも予約を締め切っているところが多いので、その点にはご注意ください。

『原神』

描写の美しさやアクションの小気味よさなどで、発表当時から高い注目を集めていた『原神』が、いよいよ9月28日にサービス開始を迎えます。PCやスマホでも楽しめますが、PS4版も同時リリースとなるので、大画面で遊びたい方は選択肢に加えておきましょう。

本作は、「テイワット」と呼ばれる幻想世界を舞台とするオープンワールド型のアクションRPGです。広がりのある大地で、魅力的なキャラクターと共に歩む壮大な物語を展開。基本無料・アイテム課金制のため、プレイ開始のハードルが低いので、本作が気になる方はまず触れてみるのも一興でしょう。なお、スイッチ版も予定されていますが、そちらのリリース日はまだ未定です。


【関連記事】
・ゲームはどうして面白いの?─感覚的な“当たり前”を改めて振り返ってみた【コラム】
・“再誕”は単なるパワーアップにあらず!『メタルマックスゼノ リボーン』の魅力や『ゼノ』との違いに注目したプレイレポをお届け─「優等生」じゃない進化がここに
・SF人狼『グノーシア』を推したい7つの理由─1人で遊べて、1プレイ15分とお手軽! なのに数時間没頭してしまう熱中度の高さも魅力
・『パンツァードラグーン:リメイク』は“思い出補正”を超えられるのか? 初代を3機種で味わったファンが遊んでみた【プレイレポ】
・『新サクラ大戦』製品版と体験版を比較しながらプレイ! 初体験のモードに胸が高鳴る【プレイレポ】
・『白き鋼鉄のX』「ダッシュしたら敵にぶつかった・・・」が悲劇にならない! 攻防一体のシステムが楽しい【プレイレポ】
・『オメガラビリンス ライフ』お色気要素とゲーム性の二人三脚が、刺激の歯車を回す【プレイレポ】
・オークに変装して敵の目を欺いたら、囚人に襲われて返り討ちに! 『火吹山の魔法使い』で味わった判断と結末の連続【プレイレポ】
・任天堂の“空間へのアプローチ”を振り返りながら『Nintendo Labo VR Kit』をプレイしてみた