本格アクションゲーム『ロックマンX』シリーズを軸とした最新作ゲームアプリ『ロックマンX DiVE』が10月26日配信です。
エックス、ゼロ、アクセルを初めとする『ロックマンX』シリーズのキャラクターたちが数多く登場し、さらに『ロックマン』や『ロックマンゼクス』などシリーズの垣根を超えた人気キャラクターが参戦するドリーミーなタイトルになっています。


実はカプコン台湾からアジア版が3月に先行配信されており、満を侍しての日本配信となった本作。日本版のプロデューサーを務める橋本賢一氏に「ロックマンXのアクション全てを詰め込んだ」と太鼓判を押す自身の裏付けを訊きました。


『ロックマンX』のIF世界が舞台。従来のアクションや面白いという試みの全てを詰め込んだ仕上がりに
――さっそくですが、本作はカプコン台湾が開発したものを日本で運営するという形でしょうか?

橋本賢一(以下、橋本)元々、台湾で企画開発が始まったタイトルですが、アートワークやキャラのモーションは大阪のカプコンのデザイン室で全て監修していますので、カプコン日本が関わっていないわけではありません。なので、日本版はカプコン台湾と密に連絡を取りながら、日本向けに開発拡充して配信していきます。

――なぜ『ロックマンX』を題材にしたのですか?

橋本企画はカプコン台湾なのですが、台湾版のプロデューサーがエックス好きで、『ロクマンX』の面白さを世界中の人に知ってもらいたい熱い思いがありました。カプコンとしても横スクロールアクションのスマホゲームをあまりリリースしていないので、チャレンジになりますし、実現できたら面白いゲームになるという想いから決定したと聞いています。

――『ロックマンX DiVE』は原作(従来のシリーズ)とは関係のないIF世界の話になりますか?

橋本そうですね。どちらかと言えば、現実世界に近くてゲームデータが保管されているゲーム世界にダイヴしてイレギュラーを修復していくという世界観です。なので、原作のストーリーとは関係ありません。


――リリース時のメインストーリーはどこまで実装されるのですか?

橋本アジア版と同じ所までオープンしますね。エリア11のノーマルまで解放されています。レベルキャップも120くらいまでですかね。なので、スタートダッシュしたらすぐ遊ぶことがなくなることはありません。あと、原作になかったPVPや協力プレイも楽しんでもらえるはずです。


――従来のシリーズは硬派なアクションのイメージがありましたが、本作では敵をロックオンしたり、ダメージポイントが表示されたり、あとはRPGに寄っている印象がありました。

橋本コンセプトの一つとして、「ロックマンXを知らない人にも本格アクションを楽しんでもらう」のがあります。『ロックマンX』シリーズならではのアクションを保ちつつも、これまでプレイしたことがない人にも本格アクションを楽しんでもらいたかったので、補助的な機能も追加しました。RPG要素はスマホゲームと相性が良かったから採用しました。

――確かに、今回は高所から敵が攻撃してくるステージが多いので、斜めに撃てないとしんどいですよね(笑)。ロックオンがありがたいです。

橋本ただ、ゲーム内設定でロックオンなど補助を外せるので、より原作に近いプレイも楽しめます。少しマゾっ気になりますが(笑)。例えば、手動ロックオンにはできるので、パッとロックオンして撃つ形にはできます。プレイヤーのやりたいように設定してもらえればいいと思っています。


――アクションも最初から二段ジャンプや空中ダッシュができるのは新鮮でしたね。慣れるまで割と大変そうではありますが。

橋本すぐ慣れると思います。ビジュアルパッド上の操作ボタンも大きさや配置を自分好みにカスタマイズできますし、スマートフォンの機種にもよりますが、Bluetoothに対応しているコントローラーやゲームパッドを接続して遊ぶこともできますよ。


――これまではロックバスター、ゼットセイバーの2つがメイン武器でした。『ロックマンX DiVE』では実に様々な武器が登場します。かなり思い切ったなと感じました。葛藤があったのか、それとも武器を変えられたら面白いんじゃないかと思ったのでしょうか?

橋本どちらかと言えば、後者ですね。コンセプトの一つに「ロックマンXでこんなことができたら面白いんじゃないか?を全部実現しよう」がありました。エックスがガトリングガンを撃ったり、ゼロがショットガンやライフルを撃ったりしたら面白そうじゃないですか。シリーズとは違うIFの世界観で、ゲーム中ではキャラだけでなく武器も再現されたプログラムですから、組み合わせを楽しんでもらいたいです。


武器ごとに特徴を持たせているので、どの武器でも楽しめるよう追求しています。ただ、ゼロであればセイバー系の武器の威力がアップするパッシブスキルを持っているなど得意な武器の設定があるので、個性が失われるわけではありません。

――原作はいわゆる“死んで覚える”所がありますが、『ロックマンX DiVE』だとその辺りはどんなバランスになっていますか?

橋本ステージで落下しての一撃死がないですし、あるアイテム持っていれば死んだその場からすぐ復活して再挑戦できるように調整しています。かなりレベルを上げないとオープンしない1人用のエンドコンテンツに近い形で、タイムアタックやヤコブ(タワー型コンテンツ)があるんですが、難易度がかなり高いので、そちらも楽しめる要素になると思います。

<cms-pagelink data-text="オールスター揃い踏みのキャラを使って、どう攻略していくべき?" data-page="2" data-class="center"></cms-pagelink>

まるでオールスター!シリーズの垣根を超えたキャラが集結
――リリース時には何体くらい実装されるのでしょう。また、モーションも全部違いますか?

橋本リリース時点で36体以上のキャラをプレイアブルで使ってもらえます。シグマのように敵キャラも使えますし、エックスだけでもアーマーごとに違うキャラで登場します。
キャラごとにモーションも違いますので、今までプレイアブルじゃなかったキャラのモーションは楽しみにして頂きたいですね。

デザインは当時のイラストを元に3Dモデルもほぼ新しく描き起こしていて、ちょっと大人っぽくというか、スタイリッシュになっています。


――3Dモデルにもこだわりがみられますね。

橋本過去シリーズで3Dモデルが無かったキャラクターもいますし、あったキャラクターも本作用に新しく3Dモデルを制作しています。キャラごとにモーションをつけ、キャラの選択画面でかなり動くようにこだわりを持って作ってあります。入手していなくても選択画面でキャラの動きや2Dイラストは見られますので、確認していただきたいですね。

――新キャラも登場していますが、プレイヤーをナビゲートするリコが可愛いですね。

橋本原作のメインデザイナーである水野佳祐が『ロックマンX DiVE』でもデザインを担当しています。カプコン台湾でイラスト制作したキャラも水野が監修したので、“水野絵”と言っても過言ではありません。
オリジナルキャラは水野が描き下ろしていて、リコに関しては過去のシリーズ作だとシリアスキャラが多かったのですが、本作は現代から異世界に入っていくような形なので、プレイヤーを引き込むキャラをデザインしたと聞いています。

リコは「明るく元気」がコンセプトなんですけど、できるだけ属性を詰め込もうと思って、ショートカットのサイドテールやショートパンツなど、ナビゲーターの立場に違和感のないデザインに仕上げた水野の強いこだわりがあります。


もう一体オリジナルキャラにはゼロをベースにしたキャラクターがいます。顔が隠れていて、性格も違う陽気キャラになっていますけど、ストーリーを進行すればゼロをベースにしたか理由が判明しますよ。


――「ロックマンX」以外のシリーズからもたくさん登場しますね。

橋本はい、コラボとして登場します。『ロックマン』からはロックマン、ブルース、ロールちゃん、スーパーロックマンがいて、『ロックマンDASH』からはロック・ヴォルナット、トロン・ボーンがコラボしていますね。『ロックマンゼクス』などからもキャラが登場しています。キャラを入手するにはカプセル(いわゆるガチャ)で入手するか、断片を集める必要があるのですが、期間限定でしか入手できないものもあります。ですので、過去アジア版で開催していたイベントも徐々に復刻で出して行く予定です。


――水着や法被など衣装チェンジも思い切っていますよね。原作設定としてはレプリロイドなので服を着ているわけではなかっと思うのですが、先行配信された台湾のユーザーからの評判はどうだったんですか?


橋本本作に登場するキャラクターは本物のレプリロイドではなく、ゲームデータから具現化したハンタープログラムですので、本作ならではとして衣装はいろいろ考えていますね。台湾のプレイヤーさん達には、水着キャラは受け入れられていたようですが、ゼロの法被すがたはビックリされていたようです(笑)。さすがにお祭りの法被はあちらだと分からないですよね。


カプコン台湾には日本人スタッフもいますので、その辺りはこだわって作っています。今後もそう言った意味では驚いたり、喜んでいただけたりするキャラは作っていく予定です。スキンを変えると能力が変わるので、見た目優先なのか能力優先なのか、悩ましくなると思います。

――コラボの部分では他のカプコンタイトルや他社のIPとの可能性はありますか?

橋本もちろん、あります。『ロックマン』シリーズ自体は他社含めて色々展開させて頂いていますし。上手く噛み合う部分があれば、IFという世界観も後押しして色々と実現できるかなと思います。

あと例えば、台湾のASUSとコラボして、「ROG phone」購入者限定のバスターなんかも実装されています。なので、「ROG phone」をお持ちの方はぜひゲーム内で見てください。とカプコン台湾のチームから聞いています。

スマホゲーム向けに調整された難易度の振れ幅の広さ、攻略のすすめ

――『ロックマンX』といえば、倒したボスの武器を使えるようなるのが醍醐味ですよね。『ロックマンX DiVE』でも健在ですか?

橋本武器に「BOSSチップ」を装着することで、ボスの攻撃を使ったり、パワーアップしたりします。それが今までのボス武器に近いですね。ゲームを進めて行くと、ボスチャレンジモードで色んなボスと戦えるようになります。ボスにもよりますが、報酬として「BOSSチップ」の断片が入手できるので集めてもらえればと思います。


期間限定イベントでRAIDBOSSもあって、これまではシグマファントムやウルフシグマが登場しています。

あとは、補助要素の一つとして「ダイヴトリガー」という、メイン武器・サブ武器のそれぞれに装備することで、1ステージで各1回だけ使える必殺技があります。これはレベルを上げていくと新しいダイヴトリガーを覚えるので活用して頂きたいですね。過去作のボスを撃破して入手する特殊武器が採用されていますので知っている方はニヤリとできるかもしれません。

――ゲームバランス調整についてはどう決定していくのですか?

橋本PVPもあるので、カプコン台湾と連携して武器やキャラのスキルのバランス調整を随時行なっています。アジア版の調整は日本版にも反映されますので、日本からも「もっとこうした方がいいのでは?」とフィードバックして行きます。毎週テレビ会議を行なって常にコミュニケーションを取っていますよ。


ただ、プレイヤーレベル21まではアイテム消費無しでコンティニューを無限にできるので、チュートリアルをクリアしてその辺りまで進めれば操作にも慣れると思います。そこから先は難易度がグッと上がっていくんですよ。キャラ強化の幅は広く深いので、都度確認して遊んでもらえればと思います。リコが戦力をチェックしてくれて、ランクでどこの強化が足りないかが一目で分かるので参考にしてください。


――協力プレイのメリットは何でしょうか?

橋本難易度が結構高いのですが、キャラが身に付けられる「アーマー」と「アーマー」を合成する素材が入手できます。ストーリーを奥深く進めようとか、エンドコンテンツをクリアしようとなると、良い「アーマー」を身につけないと被弾の数値が高くなって進めるのがしんどくなります。


そこで、協力プレイで自分のレベルにあったアーマー素材を手に入れ、合成して良いアーマーを身につけて総戦闘力を上げていくのが一つの流れになります。協力プレイのステージはシングルでも出撃はできますが、敵がかなり多いので大変です(笑)。


――日本版配信発表のときの反応はどうでした?

橋本かなり好意的に受け取って頂いた印象でした。アジア版をご存知のファンも多かったので。日本配信発表は半年くらいお待たせしましたが、基本的にはアジア版と同じ内容であっても、アクション部分含め、より良い形になるよう準備してきました。

――最後にファンへのメッセージをお願いします。

橋本今回、台湾と日本のカプコンが『ロックマンX DiVE』をお届けすることになりました。アジア版から少し間が空いてお待たせした形になりましたが、コンテンツを拡充して日本の皆さんに遊んでもらえるベストタイミングになったと判断しております。

アクション部分はかなりこだわっていて、『ロックマンX』のアクションは全て本作の中に落とし込んでいます。その手触りを確かめて頂きたいですし、キャラも2Dイラストと3Dモデルを本作用に新規で制作して魅力的に仕上がったと思っています。

原作からのファンには自分が好きなキャラがどう変わっているかを確認して頂きたいですし、原作を遊んだことがない方も本格アクションが簡単に体験できる作りに仕上がっているので、手にとって遊んで頂きたいです。



『ロックマンX DiVE』は好評配信中。基本プレイ無料のアイテム課金制です。


(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.