『原神』に新キャラクター「甘雨」が実装されました。すぐにでも引きたいところですが、それに待ったをかけるのが“今後の実装キャラクター”です。

先日掲載した「『原神』今後の実装に期待の高まる7キャラを紹介【特集】」では、神里綾華やロサリア、シニョーラなど、甘雨を含めて4人の氷元素使い(暫定)を紹介しました。

■『原神』その原石、今使って本当に大丈夫? 「甘雨」や「魈」「神里綾華」など、今後の実装に期待の高まる7キャラを紹介【特集】
https://www.inside-games.jp/article/2021/01/08/130569.html
『原神』は元素反応を組み合わせた戦闘が魅力なので、戦力の揃わない内は元素別でキャラクターを入手・育成するのが理想です。同一元素の使い手を2人育ててもチームに入れるのは片方だけ、なんてこともあるでしょう。


これに沿って言うと、例えば神里綾華を氷元素のメインに添える場合、甘雨の出番は無くなる可能性があります。「甘雨は凄い好きだけど、将来的に別の氷元素キャラをメインで使いたいから、それを考えると引けない……」という方も一定数いるでしょう。

そこで今回は、その不安を拭うために「別の氷元素キャラが狙いでも、甘雨を引いておいて大丈夫な理由」と題し、 甘雨のサポート能力や将来的に助かる要素を紹介します。

アタッカーだけじゃない! サポーターとしての甘雨に注目

重撃によるアタッカーとしての活躍が注目を集める甘雨ですが、実はサポーターとしての一面も兼ね備えています。彼女の元素爆発にはバフ効果「エリア内にいるキャラクターの氷元素ダメージ+20%」があるので、氷元素使いの攻撃面を引き上げることが可能です。

元素爆発は広範囲かつ継続時間15秒と優秀なうえ、バフだけでなく継続的な攻撃も行います。高望みですが、4凸すると「エリア内で敵の受けるダメージが増加(初期が5%、3秒毎に5%上昇し、最大25%まで上昇。エリアを出た後、継続時間3秒)」が発動。サポート性能がさらに向上します。


同じく凸性能関係では、1凸で「2段チャージ重撃が命中した時、6秒間敵の氷元素耐性−15%」が発動。甘雨の2段チャージ重撃は広範囲に拡散するので、当たり所によっては多くの敵に1発でデバフを付与できます。

たった1回、されど1回の凸性能ですが、これを目指して2体確保するのも十分ありです(さすがに4凸は個々人の好みにお任せします)。


また、元素スキルはデコイ役となるので便利。ロサリアやシニョーラが低耐久だった場合、生存面でのサポートに繋がります。敵にスキを生み出すので、アタッカーから見ても攻撃チャンスが増えて嬉しい限りです。

同じチームで元素共鳴の相方に!

『原神』のチーム編成には「元素共鳴システム」があり、チームメンバーの元素を組み合わせると特殊効果が適用されます(例:炎×2で氷元素付着の効果継続時間−40%、攻撃力+25%)。

もちろんこれは氷元素でも適用され、氷×2で「雷元素付着の継続時間−40%、氷元素付着または凍結状態の敵を攻撃する時、会心率+15%」が発動。聖遺物厳選を意識しだすと、この“会心率+15%”は馬鹿にできません。


上記項目で紹介した通り、甘雨はアタッカーだけでなくサポーターとしても活躍できるので、神里綾華+甘雨やロサリア+甘雨など、元素共鳴を発動する際の相方として最適です。チームの元素枠が1つ消えるため、敵やギミックでチーム編成を変える頻度が増えるものの、バトルを楽に進められるのは間違いありません。

将来の聖遺物厳選が楽になるかも!

甘雨を入手したならば、まずアタッカーとして使いたくなると思います。そこで重要になるのが、キャラクター強化の要「聖遺物」です。甘雨は楽団×4、氷×4、氷×2と剣闘士×2などが定番なものの、楽団と剣闘士は厳選に不向き。そのため、厳選しやすい氷×4がおススメです。

氷聖遺物(氷風を彷徨う勇士)は、2セット効果で「氷元素ダメージ+15%」、4セット効果で「氷元素の影響を受けている敵を攻撃すると会心率+20%、敵が凍結状態の場合さらに会心率+20%」と、氷元素アタッカーにピッタリな性能をしています。


今のうちに厳選を済ませておけば、当面は甘雨に装備させて活躍できるし、目当てのキャラクターが実装されたら付け替えればいいしで、まさに一石二鳥です。将来的にもっとピッタリな聖遺物が出たり、メイン・サブ効果を変えたくなったりする可能性はあっても、やっておいて損はありません。


なお、甘雨をサポーターとして使う場合は「旧貴族のしつけ」がおススメ。4セット効果で「元素爆発を発動すると、12秒間チーム全員の攻撃力+20%」が発動するので、元素爆発のサポート力がさらに高まります。



ところで、記事冒頭にも紹介した「『原神』今後の実装に期待の高まる7キャラを紹介【特集】」にて、筆者は神里綾華のためにガチャ禁中であると言いました。にもかかわらず、本記事で甘雨を紹介している……つまりそういうことです(ガチャ禁に失敗しました)。

理由の8割は甘雨のかわいさに我慢できなかったからですが、残り2割は本記事でも紹介した通り、神里綾華とのシナジーを考えての行動です。「甘雨がどうしても欲しいけど、将来的に別の氷元素キャラを使うから出番が無くなりそう」となかなか引けないでいる方は、“甘雨が好き!”という自身の直感に従い、祈願に挑んでみてはいかがでしょうか。