3月26日に映画化が発表されたPS4向けアクション『Ghost of Tsushima』。本作の主人公「境井仁」役を演じるツジダイスケさんはこの発表を受け、“尻出しOK”という主旨のツイートをしています。

なおこちらは、PS4/PC向け『Detroit: Become Human』の主人公のひとり「コナー」役を演じるブライアン・デッカートさんのツイートに反応したもの。同氏が映画版の監督として発表されているチャド・スタエルスキ氏に向けて、ツジさんを実写版に起用すべきという旨を発信したところ、「実写版『Ghost of Tsushima』で仁を演じられたら、お尻のヌードに完全同意することをお知らせするよ」と引用リツイートをしています。

◆映画化が発表された『Ghost of Tsushima』とは?

サッカーパンチ・プロダクションズが開発、ソニー・インタラクティブエンタテインメントより2020年7月に発売されたPS4向けオープンワールドアクションゲーム。舞台は文永11年、元朝(蒙古)からの侵攻を受ける対馬国で、プレイヤーは地頭の甥である武将「境井仁」となって血に濡れた戦いを繰り広げます。

オープンワールドで広大な対馬を駆け回れるのが魅力の本作。各地には秘湯(温泉)が存在しており、湯につかることで境井仁のステータス向上が発生するのですが、そこで見せる仁のキレイなお尻は、発売早々からユーザーの間で話題を集めました。