Balmung's dark knight memorial to Berserk author Kentaro Miura. I love this community. pic.twitter.com/QYveSkQ9Go— Oz! @ 5.5 (@localhyurzen) May 20, 2021
『ファイナルファンタジーXIV』の北米Balmungサーバーで活動するプレイヤーたちが、本日5月20日に訃報が伝えられた人気漫画「ベルセルク」の作者・三浦建太郎氏を追悼するため、暗黒騎士姿でフィールドに集まっています。

上記ツイートは、北米プレイヤーの1人・Oz! @ 5.5氏(@localhyurzen)によるもの。数多くのプレイヤーが、「ベルセルク」の主人公「ガッツ」を思わせるジョブ「暗黒騎士」となり、長蛇の列を形成しています。


『ファイナルファンタジーXIV』における「暗黒騎士」は、バージョン3.0「蒼天のイシュガルド」より実装。同シリーズのMMORPG『ファイナルファンタジーXI』ではアタッカー(DPS)という位置付けでしたが、本作のプロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏は暗黒騎士に対して、漫画「ベルセルク」の主人公「ガッツ」のような、重戦士というイメージがあったと過去に発言。そうした経緯もあってか、『ファイナルファンタジーXIV』ではパーティの盾であるタンクとして登場しています。

本作における暗黒騎士のジョブクエストは、「もはやメインストーリーにも匹敵する」とまで言われるほど、プレイヤーからの評価が高いことで有名。また拡張ディスク「漆黒のヴィランズ」ではいわゆる“主人公ジョブ”という扱いを受けており、大きな存在感を示しています。

Midgardsormr's Dark Knight Memorial line is also impressively long at the moment, you love to see it pic.twitter.com/3CWrPzrWST— Phoenon (@PhoenonX) May 20, 2021
we did a full circle on behemoot too, chat full of good mensages pic.twitter.com/kzUSiT2R1X— Gustavo Fongaro (@FongaroGustavo) May 20, 2021
今回の追悼は大きな注目を集めており、記事執筆時点で2.6万いいね、1.2万RTを記録。リプライ欄では、別エリアでも追悼の様子が確認できます。世界中のファンを魅了してきた三浦建太郎氏、そして同氏を想うプレイヤーたちの心意気には、多大な敬意を払うほかありません。