『Fate/Grand Order』(以下、FGO)の魅力といえば、感情を揺さぶられるメインストーリーや、振り切ったコメディテイストが楽しめる期間限定イベント、手持ちの戦力をやりくりして挑むバトルなど、様々な点が挙げられます。

そのいずれにも関わるのが、個性豊かなサーヴァントたち。特にほとんどの戦闘は、入手したサーヴァントがメインとなるので、どんな面子が加入しているかは非常に重要なポイントです。強力なサーヴァントが揃っていれば難敵の攻略も楽になりますし、そもそも推しが手元にいればモチベーションも段違いです。


★1〜★3サーヴァントの大半は、フレンドポイント召喚で手に入ります。ですが★4以上となると、配布サーヴァント以外は聖晶石を使う召喚が入手の要に。特に★5は、過去に一度だけあったプレゼントを除けば、聖晶石召喚で手に入れるしかありません。

欲しいサーヴァントは数多くとも、ゲーム内でもらえる聖晶石は有限です。購入もできますが、現金が必要となる以上、投じられる額にはやはり限度があります。限りある聖晶石をいつ使うか、それはあらゆるプレイヤーにとっても大事な問題と言えるでしょう。


今後のピックアップ召喚の予定さえあらかじめ分かれば、そこに向けて貯めることもできまが、現段階で確定しているのは第2部 第6章の配信のみ。また、今後のピックアップ召喚の詳細なども未定です。

とはいえ、何の見通しもないまま聖晶石を貯めるのは、人によっては辛いもの。そこで今回は過去の傾向を元に、今後行われるかもしれないピックアップ召喚や、対象となる可能性があるサーヴァントを考察してお届けします。これからの貯金ならぬ貯石にお役立てください。なお今回は、入手機会が少ない★5の限定サーヴァントに絞っています。

■まずは、今狙える★5サーヴァントに注目

現時点でいくつかの聖晶石召喚が実施されており、入手機会の少ない★5の限定サーヴァントを狙うことができます。前述の通り、一押ししたいほど好きなサーヴァントがいれば、がっつり狙うのもアリ。また性能面で選ぶのであれば、特に高い評価を集めているのは、「殺生院キアラ(ムーンキャンサー)」と「レオナルド・ダ・ヴィンチ(ライダー)」です。


「殺生院キアラ(ムーンキャンサー)」のクラスはかなり特殊で、相性で有利が取れる敵が出てくる機会は少なめ。そのため、有利も不利もない等倍状況で戦う機会が多いサーヴァントですが、自身のスキルを活用すると敵が宝具の特攻対象となり、大ダメージを与えることが可能になります。

スキルと宝具を上手く使うことで、クラスを問わず特攻対象にできる強みを持つため、オールラウンダー的な活躍が望めます。また、後述する「アルトリア・キャスター」の支援を受けやすいのも、嬉しいポイントのひとつ。クセが強いので慣れる必要はありますが、使い所を押さえれば十分強力なサーヴァントと言えます。


「レオナルド・ダ・ヴィンチ(ライダー)」も、有用性がかなり高いサーヴァントです。特筆すべきは、NP関連の良好さ。スキル「黄金律(体) 」を使うと、3ターンにわたってNPが20ずつ増加します(スキル最大時)。3ターン後にはNP60が確保でき、宝具発動に大きく近づきます。もちろん、その前にNPが100%を超える場合も十分あり得ます。

また、スキル「星に夢を」を使うと、味方全体にNP10%を付与できるので、「あと少し足りない……」という時にも便利。さらに宝具が発動すると、全体を攻撃した後に味方全体へNP20%を付与するので、味方全体の宝具発動も大きく後押ししてくれます。


全体攻撃宝具持ちのライダーが欲しい場合、「レオナルド・ダ・ヴィンチ(ライダー)」はかなりお勧めです。また、全体攻撃宝具持ち自体が全般的に乏しい人は、アタッカーが揃うまで「殺生院キアラ(ムーンキャンサー)」で凌ぐという手もあります。

どちらのサーヴァントも「アルトリア・キャスター」と相性がいいので、組み合わせることでより力強い攻撃や、宝具の連続発動も十分視野に入ります。今回のチャンスを逃すと、どちらもしばらくピックアップされない可能性が高いので、欲しい方はこの機会をお見逃しなく。

■第2部 第6章「Lostbelt No.6 妖精円卓領域 アヴァロン・ル・フェ 星の生まれる刻」も要注目

新たなメインストーリーとなる、第2部 第6章「Lostbelt No.6 妖精円卓領域 アヴァロン・ル・フェ 星の生まれる刻」の配信が近づいています。正式な開幕日時はまだ明かされていませんが、6月中旬を予定しているので、すでに秒読み段階へと入りました。

メインストーリーが配信されるたび、新たなサーヴァントが実装されています。各物語でボスを務めるサーヴァントが登場する場合もあり、本編に負けない力強さを伴うことも。そのため、少なくない数のマスターたちが第2部 第6章の新サーヴァントに注視し、聖晶石を備えています。


とはいえ、どんなサーヴァントが実装されるかは、蓋を開けるまで分かりません。備えておくか、今狙える「殺生院キアラ(ムーンキャンサー)」や「レオナルド・ダ・ヴィンチ(ライダー)」に全力を注ぐか、どちらを選ぶのも皆様の自由です。

ただし、このタイミングで「アルトリア・キャスター」が再度ピックアップされる可能性もあるので、まだ彼女を手に入れていない方は、これからの展開を見定めることをお勧めします。


「アルトリア・キャスター」は、味方へのサポートを得意とするサーヴァント。単純に比較できる話ではありませんが、総合力という意味では、サポート系サーヴァントの中でトップクラスなのは間違いありません。

味方全体に付与できるNP量が最も多く、NP獲得量も底上げ。攻撃力アップ、無敵と粛正防御、いずれもスキルと宝具の二段構えで支援できるなど、非常に頼もしい能力を持っています。アーツカードの性能もアップできるので、アーツ系宝具のサーヴァントとの相性も抜群です。


その魅力を挙げるとキリがないほどで、未所持ならばまず「アルトリア・キャスター」の確保をお勧めします。彼女がいなくても行き詰まる場面はありませんが、いればほとんどの難所が楽になるのもまた事実。性能重視で考えた場合、獲得を狙わない手はありません。

それだけ有用なためか、ピックアップ召喚の対象になったのは、今のところ実装された時のみ。初回のピックアップ召喚か、ランダム性が強い「福袋召喚」でしか、入手する機会はありませんでした。


ですが、第2部 第6章の開催に合わせて、ピックアップされる可能性があります。というのも、「アルトリア・キャスター」は第2部 第6章に登場するサーヴァントと見られており、関連性があるならば召喚の対象になってもおかしくありません。

ピックアップされるかどうか、まだ断言はできませんが、見逃すには惜しすぎるサーヴァントなので、まずは第2部 第6章の開幕に備えてみてはいかがでしょうか。

■周年記念で強力なサーヴァントが実装される!? 「アルトリア・キャスター」を狙うチャンスもあるかも

『FGO』は、もうじき6周年を迎えます。周年を祝う動きは毎年行われており、この機会に新サーヴァントが実装されるのもすっかり通例となりました。

誰が周年記念の新サーヴァントとして実装されるのか、発表があるまで分かりません。ですが、注目されやすいサーヴァントが実装される傾向にあり、プレイヤーの関心も自ずと高まります。


近年では特に、戦力面でも頼もしいサーヴァントが実装されることが多く、昨年は「アルトリア・キャスター」、一昨年は「レオナルド・ダ・ヴィンチ(ライダー)」と、ここまでに紹介したサーヴァントのほとんどが周年記念から出ています。また、3年前にはクイック系サーヴァントの有用度を大きく引き上げた「スカサハ=スカディ」が実装されており、こちらも当時大きな話題となりました。

プレイ環境を大きく変えるサーヴァントが登場する可能性もあるので、周年の動きにもアンテナを向けておきたいところ。ここに合わせて、聖晶石を貯めておくのも一興です。

こちらは余談となりますが、周年記念のピックアップ召喚では、新サーヴァントだけでなく、昨年実装されたサーヴァントがピックアップされる可能性もあります。5周年の時は、新実装の「アルトリア・キャスター」に加え、2019年実装の「レオナルド・ダ・ヴィンチ(ライダー)」が対象に選ばれました。


必ずしもこの流れになるわけではありませんが(4周年時、「スカサハ=スカディ」は再ピックアップされず)、可能性は十分あるので、「アルトリア・キャスター」狙いの方は、第2部 第6章の開幕と6周年記念、それぞれをしっかりチェックしましょう。

■夏イベントでは、特に有能なサーヴァントが毎年登場!

周年の直後には、夏のイベントを実施するのが恒例になっています。確定でこそありませんが、まず開催されると見ていいでしょう。

そしてこの時期は、水着姿に着替えたサーヴァントたちが多数実装されます。強さはそれぞれで異なるものの、後々まで使える有用なサーヴァントが毎年登場しているので、こちらも聖晶石の使い道として押さえておきたいイベントのひとつです。


例えば、使いやすいスキルとNP獲得に優れたカード性能に支えられ、宝具の連射能力が抜群の「アルトリア・ペンドラゴン(アーチャー)」が2016年に登場。翌年の2017年には、NP50%増加(スキル最大時)のスキルを持つ「ネロ・クラウディウス(キャスター)」が実装され、話題となりました。


2018年は、全体攻撃宝具持ちサーチャーとして一線を画す「ジャンヌ・ダルク(アーチャー)」と、カード固定化が可能な★5ムーンキャンサー「BB」の2騎が実装。どちらも異なる方向で有能なので、改めてピックアップ対象になる機会を待ちわびている方も多いことでしょう。


また2019年には、「宮本武蔵(バーサーカー)」が新登場。当時は意見が分かれる向きもありましたが、約1年後に実装された「アルトリア・キャスター」との相性が抜群で、その有用性が広く認められました。また余談ですが、同じイベントで実装された★4ランサーの「謎のアルターエゴ・Λ」も高く評価されているので、狙えるチャンスが巡ってきた際はご一考ください。


そして2020年は、前述した「殺生院キアラ(ムーンキャンサー)」がお目見えに。このように、毎年見どころのある★5サーヴァントが新たに加わっているので、今年の夏も見逃せない可能性が大。夏を越すまで、聖晶石の蓄えは十分保っておきたいところです。



■オーバーチャージをアップさせる効果も嬉しい「卑弥呼」

ここからは、ほぼ確実とは言えないものの、実施される可能性がある程度高い復刻イベントと、それに合わせてピックアップされるであろう有用な★5サーヴァントに迫ります。まずは、昨年10月に行われた「超古代新選組列伝 ぐだぐだ邪馬台国2020」の復刻について。

「ぐだぐだ」の名を冠する新イベントは、このところ毎年行われています。そして、新イベントの開催に合わせ、ひとつ前のイベントが復刻されることも多いので、「ぐだぐだ邪馬台国2020」が今年復刻開催される可能性も少なくありません。


このイベントが復刻されれば、「卑弥呼」のピックアップ召喚が実施されるものと思われます。「卑弥呼」はルーラーなので、防御有利を取れる場合が多く、耐久力が高め。攻撃有利が取りにくいものの、そこはクリティカルを視野に入れた攻撃でカバーが可能です。

また、彼女の宝具を使うと、味方サーヴァントの宝具におけるオーバーチャージ効果を向上させられます。例えば「アルトリア・キャスター」の場合、粛正防御が+2回分増えるため、防御面がより強靱に。このユニークさが、「卑弥呼」の大きな特徴です。


他のサーヴァントを活かす立ち回りもできる「卑弥呼」がいると、戦略の選択肢が増え、対応できる幅が広がること間違いなし。ただし、シナジー効果を狙いたいサーヴァントなので、『FGO』に慣れたプレイヤー向けでもあります。使い道がピンと来ない方は、彼女の加入は先送りしてもいいかもしれません。

■サポート系サーヴァントが欲しい方は、「司馬懿〔ライネス〕」も候補に

こちらも確定の話ではありませんが、過去に行われたコラボレーションイベントは2年後に復刻されるケースが多め。そのため、2年前に実施された「レディ・ライネスの事件簿」が、2021年に復刻されるのではとも言われています。

こちらが復刻された場合、ピックアップされそうな★5サーヴァントは「司馬懿〔ライネス〕」です。彼女も味方への支援を得意としており、「アルトリア・キャスター」には及ばないものの、NPの付与量がかなり高いサーヴァントです。


サポート系サーヴァントはキャスターが大半を占めますが、「司馬懿〔ライネス〕」のクラスはライダー。相性の関係でキャスターが出しにくい戦闘に参加させられるのも、嬉しいポイントでしょう。

ただし、クラスの特性としてスターを集めやすく、アタッカーのクリティカル率が下がってしまう可能性もあります。また、支援の総合的な性能でいえば「アルトリア・キャスター」に軍配が上がることも多いので、どちらも未所持なら「アルトリア・キャスター」に絞って聖晶石を貯めておく方がいいかもしれません。

■「ヴリトラ」もピックアップされる可能性が高め、ただし限定サーヴァントにあらず

一部例外もありますが、毎年行われるクリスマスイベントも、翌年に復刻される傾向にあります。その関係から、「栄光のサンタクロース・ロード 〜封じられたクリスマスプレゼント〜」が今年の冬に実施される可能性もかなり高めです。

しかし、開催時に実装された★5ランサーの「ヴリトラ」は、いわゆる恒常のサーヴァント。ピックアップの対象にならなくても、排出される可能性があります。そのため今回の主旨からは少々外れますが、この「ヴリトラ」に惹かれている方はこの冬が狙い目になりそうです。


恒常とはいえ、ピックアップの対象にならないと、狙って引くのは相当難しめ。全体攻撃宝具持ちのランサーが欲しい方は、「栄光のサンタクロース・ロード」の復刻に狙いをつけるのも一つの手です。

■独自性が高い「ヴァン・ゴッホ」と「蘆屋道満」も頼もしいが、狙うタイミングは読めず

復刻の見込みが高いイベントがある一方で、復刻時期の予測がつきにくいイベントもあります。昨年11月に行われた「虚数大海戦イマジナリ・スクランブル 〜ノーチラス浮上せよ〜」も、そのひとつです。

期間限定イベントとして登場しましたが、季節絡みではないため、復刻の時期を予測する材料がかなり少なめ。年内に復刻されるのか、来年以降に回されるのか、その点すら意見が分かれるところです。


ですが、復刻された場合、限定サーヴァントの「ヴァン・ゴッホ」がピックアップされる可能性があります。彼女は“呪い”を力に変えられることができ、宝具とスキルを十分活かせば強力なクリティカルアタッカーとして活躍できるサーヴァントです。


宝具による直接攻撃ではなく、積み上げと立ち回りで高ダメージを狙うタイプなので、彼女の能力を引き出すにはゲームシステムの理解も求められます。ですが、熟知するとかなり力強いアタッカーになるので、いつか入手したいサーヴァントの候補に加えておくのもお勧めです。


また、昨年実装され、新たなピックアップ召喚のタイミングが見極めにくいサーヴァントと言えば、「蘆屋道満」も該当します。こちらは、期間限定イベントではなく、条件を満たせばいつでも挑めるストーリー「地獄界曼荼羅 平安京 轟雷一閃」の実装に合わせて登場したサーヴァント。復刻そのものがないため、再ピックアップがまったく読めません。

「蘆屋道満」は、〔悪〕特性と〔混沌〕特性を持つ味方の攻撃面を強力にサポート。しかも、両方当てはまるとバフが2重にかかるため、一部のサーヴァントとの相性が群を抜いています。上記の「ヴァン・ゴッホ」をはじめ、様々なサーヴァントのダメージアップが狙えるサーヴァントです。


スキルによるNPの大量増加や、即死効果もある宝具持ちなので、アタッカーとしての役割を果たしつつ、バフによる支援もできる「蘆屋道満」。対象こそ選ぶものの、状況が整うと存分にその力を発揮してくれます。

この2騎はいずれもユニークで、能力を踏まえて活用すれば、力強い活躍を見せてくれることでしょう。それだけに、ピックアップされる時期が読めないのが痛いところ。是が非にでも欲しいと願う方は、いつチャンスがきてもいいように、聖晶石をしっかり貯めておいてください。

■再ピックアップはいつ? 注目度が高い限定サーヴァントたち

ここまで紹介した面々以外にも、再ピックアップが望まれているサーヴァントは数多くいます。その中でも、特に要望が大きいサーヴァントを独断で選び、紹介したいとい思います。

まずは、バーサーカーの「アルジュナ〔オルタ〕」。クラス特性から大きくのサーヴァントに攻撃有利が取れる上に、スキルと宝具を組み合わせることで、(デバフが弾かれない限り)どんな敵でも特攻対象として攻撃することができます。


しかも、スキルでスターを集めやすいので、特攻効果が乗った状態でクリティカルを狙うことも可能。バーサーカーゆえに持久性は乏しいものの、瞬間火力のパワフルさは目を見張るほどです。

「アルジュナ〔オルタ〕」は、前回ピックアップされてから長い時間が経っているので、そろそろ来るのではとも噂されています。戦力面では十分お勧めできるサーヴァントですが、入手機会の見通しが立ちにくいのが悩ましいところです。


単体攻撃宝具持ちのアサシンの中で、1、2を争うトップクラスに位置する「カーマ」も、戦力の増強に一役買います。宝具による魅了状態付与、発動するまで永続するガッツ状態、NP50%増加(スキル最大時)など、使い勝手のいい能力が揃っている上に、アルターエゴに対して相性有利になるスキルも保有。

現状、攻防の両面でアルターエゴ相手に有利が取れるクラスは存在しません。効果のあるターンが限られるとはいえ、アルターエゴに完全有利で挑めるのは、大きな強みと言えます。ただし彼女は、昨年ピックアップされたため、次に対象となるのはもう少し先かもしれません。


このほかにも、アーツ系全体攻撃宝具を持つセイバーの「千子村正」や、宝具の属性を任意で変更できる「スペース・イシュタル」、スキルや宝具効果の恩恵で、通常攻撃が宝具並みのダメージになる「超人オリオン」なども、戦力として申し分のないアタッカーです。しかしこの3騎は、いずれも今年の上半期にピックアップされており、新たな入手機会は「カーマ」以上に遠いと思われます。



ピックアップ時期の考察や注目したポイントなどを紹介させていただきましたが、予想を含む今後の展開をまとめると、まずは今狙えるサーヴァントに挑むかどうか。そして、第2部 第6章に合わせて登場するであろう新サーヴァントに注目しつつ、未入手の方は「アルトリア・キャスター」の再ピックアップに警戒しましょう。

その後、6周年記念の新サーヴァントと、ここでも「アルトリア・キャスター」の再ピックアップに注視しつつ、有能なサーヴァントが登場しやすい夏イベントに備える──これが、押さえておきたい直近の大まかな流れになります。


また、「ヴァン・ゴッホ」や「蘆屋道満」、「アルジュナ〔オルタ〕」に「カーマ」などの、時期が読みにくい限定サーヴァントを狙いたい方は、いつ来てもいいように聖晶石を一定以上貯めておくのが肝要です。

限られた聖晶石を、いつ、誰のために使うか。今後の展開を踏まえながら貯蓄に励むもよし、ここぞという場面につぎ込むもまたよし。貴方なりの召喚ライフを、どうぞお楽しみください!