【2021年9月27日 12時45分アップデート】

本記事で紹介している「イワパレス」「ルカリオ」の不具合を修正したというアナウンスが発表されました。

以下の内容は、記事初出時のものです。


2021年9月26日現在、『ポケモンユナイト』では明らかにゲームバランスがおかしくなっている挙動がいくつか確認できます。

ゲームが強制終了するなどの不具合ではないものの、非常に極端なゲームバランスになっているため、不具合が発生していると知らないと何が起こっているのか理解できないかもしれません。この記事では注意喚起をかねて、いま起こっている問題をピックアップしていきます。

◆イワパレスの不具合
イワパレスに関しては公式Twitterアカウントから「意図していない能力上昇が発生する」と問題が報告されており、こちらは2021年9月29日に修正されると明らかになっています。

この不具合は、イワパレスが何回か倒されるとゴール系もちものの効果が異様に増えたり、ユナイト技が極端に溜まりやすくなってしまうというもの。

たとえば5回倒されたイワパレスが、ユナイト技を使ったあと適当にゴールを行います。するとゲージが一気に50%に。野生ポケモンを倒した際のゲージ増加量もおかしくなっており、かなりの頻度でユナイト技を撃ててしまいます。

この不具合は意図しなくとも発生してしまうのが大きな問題です。現在のバトルでは「イワパレスを見ても無視する」という奇妙な現象が発生しています。

◆ルカリオの不具合
現在もっとも暴れているのがルカリオです。レベル5で習得できるしんそくにとんでもないバグが潜んでいます。

具体的な発動方法は伏せますが、特定の操作をしてしんそくを発動した場合、発動後の通常攻撃が異様なダメージを出すようになっています。威力は通常の3倍〜7倍程度になり、たいていのポケモンは2発で沈みます。

さらにしんそくは至近距離で相手に当てると技の待ち時間がゼロになるため、連発可能。おまけにHP回復効果もあり、そもそも素早く移動できる技なので逃げ切ることも難しく、異様な強さを発揮しています。

はっきりいって現在は「ルカリオがいないチームはそれだけで降参したほうがいいレベル」で強くなっているのです。

◆ゼラオラの不具合
また、ゼラオラでもかなり問題のあるバグが見つかっています。ルカリオに比べると影響は小さいものの、特定の設定にしたうえで特定の操作をしつつ通常攻撃を行うと、攻撃範囲が倍以上に伸びるというものです。

これは使える状況が限られているのでバランスが壊れるというほどではないものの、知っているのと知らないのではかなり差がついてしまうものです。

◆このほかの不具合もさまざま
このほかにも軽微な不具合はたくさん存在しているようで、たとえばスマホ版では「エネコのしっぽ」を敵ポケモンに使えてしまう(通常は野生ポケモンにしか使えない)問題が起こっているほか、そもそも移動系の技になんらかの不具合があるのではないかと検証が続けられています。

現段階の『ポケモンユナイト』は不具合の影響でかなりとんでもない状況になっており、意図せぬバグ利用も発生しうる状況です。一刻も早く修正が行われ正常な環境に戻ってほしいですが、もしその間にプレイする場合は十分に注意してください。