『ポケモンユナイト』の2021年10月20日にバランス調整アップデートでは、「カジリガメ」に関する調整も行われました。

これまでのカジリガメは倒すと大量の経験値&シールド効果が得られるので、何がなんでも倒したいポケモンでした。重要性が高すぎるため調整されたのですが、はたしてどう変化したのでしょうか。

◆経験値について
カジリガメの調整は2点で、ひとつは取得経験値ダウン。もうひとつはシールドの量が減るというものです。

レベル7ニンフィアでカジリガメを倒した場合、アプデ前はほとんどレベル8になる直前まで経験値が入っていました。つまり、ほぼレベル1上昇くらいの経験値があったわけです。

アプデ後に同条件でカジリガメを倒した場合は、レベル7と3/4程度になりました。ざっくりいうと1/4ほど経験値が減っています。

経験値という観点から見るとカジリガメの重要度は少し下がったものの、それでもチーム全員に付与されることを考えることは重要です。奪い合い自体はそこまで変わりないと思われます。

◆シールド効果について
シールド効果のほうはかなり変化が大きいです。アプデ前はシールド取得後にタブンネに殴られた場合、8発耐えたあとシールドが壊れます(9発目で壊れて23ダメージが入る)。数値的には919ダメージ防げていた模様。

アプデ後は見るからにシールドが減っており、タブンネの攻撃を3発耐えたあとシールドが破壊されます(4発目で壊れて60ダメージが入る)。こちらは399ダメージしか防げていません。

シールド効果は半分以下に減っており、これまで多く見られていた「カジリガメ取得+ユナイト技解禁で下ゴールを一気に攻める」という戦法が難しくなっています。もしカジリガメを取られたとしても、諦めずに防衛すれば守りきれる可能性が上がりましたね。