miHoYoは、PC/PS5/PS4/スマホ向けオープンワールドRPG『原神』にて、Ver.2.3アップデート「白雪に潜みし影」を11月24日(水)に実施決定。予告PVや各種追加要素を公開しました。

Ver.2.3では、アップデートタイトルにもなっているテーマイベント「白雪に潜みし影」が開催。イベント参加で★4武器「片手剣・シナバースピンドル」などを獲得できます。

新キャラクターには「荒瀧一斗」と「ゴロー」が、復刻キャラクターには「アルベド」と「エウルア」が登場(関連記事はこちら)。このほかにも、新伝説任務やデートイベント、新たな聖遺物などが発表されました。

◆新テーマイベント「白雪に潜みし影」を開催!
Ver.2.3を代表する新テーマイベント「白雪に潜みし影」が開催されます。ドラゴンスパインを舞台に、ミニゲームや雪だるま作りなど、様々なアクションに挑む模様。イベント参加で★4武器「片手剣・シナバースピンドル」とその精錬材料、原石などを獲得できます。

◆荒瀧一斗の伝説任務が開放!
荒瀧一斗にスポットライトを当てる、伝説任務「天ノ牛の章・第一幕」が開放されます。

◆ゴロー、北斗にデートイベントが追加!
ゴローと北斗に、個別シナリオを楽しめるデートイベントが追加されます。

◆新武器・聖遺物紹介が登場!
荒瀧一斗が予告PVで装備していた武器「★5両手剣・赤角石塵滅砕」が登場。詳細こそ不明ですが、彼にあった性能になると思われます。また、新たな聖遺物「華館夢醒形骸記シリーズ」と「海染硨磲シリーズ」も登場します。

◆新魔物「黄金王獣」が登場!
新魔物「黄金王獣」が登場します。暗闇の異界からやってきた、漆黒たるウルブズの帝王とのこと。デザイン的にも「獣域ウェルプ」と「獣域ハウンド」の上位個体と思われます。紹介動画からするに、報酬入手で天然樹脂を使用する魔物かもしれません。

◆塵歌壺システムが更新!
ハウジングシステム「塵歌壺」にて、新たに「パイモン」を招待可能となります。新規ボイスも聞けるとのこと。さらに、便利アイテム「四方八方の網」が追加。「四方八方の網」の力を借り、色んな種類の動物を増やせるそうです。

◆各種イベント情報!
テーマイベント「白雪に潜みし影」以外にも、稲妻で起こる不可解な事件を解決する「万端珊瑚事件簿・犬武者」、各種育成アイテムを獲得できる「エネルギー原盤・後序」や「迷城戦線・光界編」、人気イベント「百貨珍品」が開催決定しています。

■万端珊瑚事件簿・犬武者
■エネルギー原盤・後序、迷城戦線・光界編
■百貨珍品
◆プレゼント用の「シリアルコード」が公開!
Ver.2.3の新情報発表にあわせて、3つのシリアルコードが公開されました。原石×100・仕上げ用魔鉱×10を貰える「KB6DKDNM7H49」、 原石×100・大英雄の経験×5を貰える「BSNDJC747Z7D」、原石×100・モラ×50000を貰える「AS7CJDP4NG7H」です。期限は11月13日(土)13時00分までなので、使用はお早めに。