「こんな面白いのにだーれも知らない!」「世間では評価されなかったけど自分は好き」といった経験、ゲーマーなら誰しもあるのではないでしょうか。

世の中は残酷ななもので、必ずしも良いものがたくさん売れるわけではありません。ということで今回は「隠れた名作ゲームといえば?」と題してアンケートを実施しました。たくさんのご回答ありがとうございました。まずはTOP5をお届けします!


5位『Bendy and the Ink Machine』
TheMeatly Gamesが開発したサバイバルホラーADV。カートゥーンアニメスタジオに30年ぶりに戻ってきた元アニメーターが、インクで出来た怪物に襲われながら、ステルスや仕掛けを解きつつ出口を探すというもの。2017年に序章が配信され、各章順次販売されていましたが、現在は全5章を含んだComplete Editionが発売中。SteamやiOS/Androidでプレイ可能です。

読者コメント
・海外のホラーアドベンチャーゲームでカートゥーンのキャラクターが怪物になるという斬新な設定で面白いです。
・一人称視点のパズルアクションホラーゲームでユニーク なカートゥーンアニメの雰囲気があり、おぞましい恐怖と謎に包まれたストーリーが魅力だからです。
・アニメキャラクターが命を持ち、人間を襲う。 狂気のアニメーターが作ったスタジオを探索するゲーム。面白いです。
4位 『スターラスター』
ナムコが開発したファミリーコンピュータ用3Dシューティング。一人称視点の3Dシューティングながらストラテジー要素も含むのが特徴です。読者コメントには、ファミコンながら立体的な宇宙空間とストラテジーの奥深さを評価する声が見られました。ナムコの名作をニンテンドーSiwtchのDLCとして購入できるプラットフォーム『ナムコットコレクション』にて販売中。

読者コメント
・初代ファミコンで「立体的空間で戦闘する」感覚を表現しているところです。
・宇宙空間のリアリティーが素晴らしい。
・ファミコン時代に3Dを再現できるとは。
・ストラテジーが奥が深い。にわかには理解できない。
3位 『マブラヴ』シリーズ
『マブラヴ』を原点に派生するメディアミックスコンテンツがランクイン。ネタバレを含む多くの読者コメントはここでは取り上げられませんが、壮大な世界観と、人生観をも揺さぶる物語に多くの票が集まりました。現在TVアニメ「マブラヴ オルタネイティヴ」が放映中です。

読者コメント
・ゲームなのに、人生を教えてくれるような印象を受けます。
・オルタネイティヴがアニメ放送されていますが、もっと原作ゲームも知ってもらいたいからです。本当に熱いゲーム、ビルディングスロマンの大傑作です。
・人生においてとても素晴らしい根本的な考え方を教えてくれた。
2位 『ライブ・ア・ライブ』

1994年に発売されたスーパーファミコン向けRPG。7人の主人公が7つの時代をオムニバス形式で体験していく本作は、根強いファンが多いようです。不定期ながらライブやファンイベントも開催され、もはや隠れた名作ではないかも!?キャラクターや物語だけでなく、バトルや物語の仕掛けなど、ゲームデザイン全般を高く評価する声が見られました。

読者コメント
・キャラデザが豪華すぎる。また、正義とは何かを考えさせられる。
・ストーリー、隠し要素など、今考えたら奥が深いなーっと。
・バトルシステムが斬新だった。
・ストーリーはショートストーリーが集まったものだが、それぞれのクオリティも高く、最後でそれが集まっていく流れが良い。メッセージ性も、製作者の遊び心も水準が高い。
1位 『シャドウハーツ』シリーズ

一位に輝いたのは2001年にPS2で発売された『シャドウハーツ』。1910年代の中国民国やヨーロッパ、大日本帝国を舞台としたRPGシリーズです。世界観やストーリーのシリアスさとは裏腹に、キャラ同士の掛け合いやセリフはどこかコミカルで、癖になる楽しさがあります。また、ジャッジメントリングシステムと呼ばれる、タイミングに合わせてボタンを押すアクション性も、RPGに取り入れられるのは珍しいものでした。

読者コメント
・小学生の時に叔父からもらいプレイしました。 ストーリーや難易度、すべてがベストマッチでした。 ディスクが傷つきプレイできなくなるほど遊びました。
・ストーリーが秀逸。 涙なしには語れない、純情恋ものがたり。
・シリアスだけどギャグ満載。当時としては斬新なバトルシステム。
・笑いあり涙ありのストーリーが秀逸
・笑って泣けるRPG。ジャッジメントリングシステムも面白い。 第一次世界大戦前後の中国、欧州、ロシア、日本が舞台のリアルな設定とダークファンタジー要素、コミカルさとシリアスさが溶け込んで独特の世界観を作っていた。

5位 『Bendy and the Ink Machine』
4位 『スターラスター』
3位 『マブラヴ』シリーズ
2位 『ライブ・ア・ライブ』
1位 『シャドウハーツ』シリーズ
TOP5は以上の結果となりました。TOP5には時代問わず様々な作品がランクインしていますが、この他にはファミコンやセガサターン時代の作品が目立ちました。今ほどネットが発達していない時代には、話題にもならずに埋もれていった名作がまだまだあるのでしょう。次ページでは、TOP5からは漏れたものの、読者から寄せられた熱いコメントをピックアップします!



括弧内は初作のリリース年:ハード

『428 〜封鎖された渋谷で〜』(2008年:Wii)
・ストーリーが秀逸。一見関係ない人たちの話が、どんどん繋がっていく快感は最高です。
・複数視点で進められる緻密なストーリー、それら全てが一点に集まっていく感覚は唯一無二の楽しさ、ワクワクがある。
『怪獣バスターズ』(2009年:ニンテンドーDS)
・ウルトラ怪獣を倒し、その怪獣を倒すことによってその怪獣の装甲などを装備できる要素ある、難易度も高くないのでだれでも楽しめる。
・恐竜戦車やロボフォーといったマイナーなウルトラ怪獣が登場するからです。
『ラグランジュポイント』(1991年:ファミリーコンピュータ)
・シナリオ、キャラデザ、ゲーム性、音楽と、全てにおいてハイクオリティな出来でファミコン衰退期に発売されていなければ隠れようがない名作扱いされていたと思う。
『ポンコツ浪漫大活劇バンピートロット』(2005年:PS2)
・メカがレトロで何処か温かみのあるデザイン、今流行りのオープンワールドゲームの先駆けとも言える非常に自由度の高いシナリオなど枚挙にいとまが無いが、何よりIn your voice を始めとしたヴォーカル曲が全て神。
『カルネージハート』(1995年:PS)
・思考に特化したゲームで、プレイ内容のほとんどがチップと呼ばれるプログラムを組む事に費やされ、実際に機体を動かす時はそれを見ているだけ。 またインターネット初期に機体設定やプログラムに関するネット会議が開かれた作品の一つだったかと。
『仙窟活龍大戦カオスシード』(1998年:セガサターン)
・スーファミとセガサターンで展開されていた洞窟育成人間撃退シミュレーション。取っつきにくさはあるが、キャラの可愛さとシステムを把握した後のやり込みと洞窟設計の楽しさはたまらんです。
『絶叫戦士サケブレイン』(2007年:ニンテンドーDS)
・ニンテンドーDSの音声認識を前面に押し出したゲームで、マイクを多用するという唯一無二の特徴があり、突出して強いキャラがいないのでバランスが良く、一回のプレイ時間も短いので手軽。
『レイシリーズ』(1994年:アーケード)
・世界観/音楽が非常に魅力的で、ロックオンレーザーによる爽快感も相俟って、先が見たくなるステージ構成となっている。 難易度は高いが、攻略自体が楽しめる作りになっており、頑張れば必ずクリアできる。 エンディングは、シューティングゲーム史に残る、悲しく切ないものだった。 90年代のゲームとして、紛れもない名作であると思う。
『バロック』(1998年:セガサターン)
・世界観の作り込みとそれによる没入感に圧倒され、ゲーム自体も操作感は少し難があれど何度も何度もやってしまうローグライクのスルメ感。ダークファンタジー×ローグライク×マルチエンディングという珍しさ。カルト的人気のある隠れた名作と言えばコレ一択でした。
『数陣タイセン』(2007年:ニンテンドーDS)
・本作の一番の面白さはアイテムを駆使して一気に高得点を獲得することです!高得点を決めた時の四聖獣が出る派手な演出がたまらない! 音楽も世界観にマッチして聞き飽きない! パズルゲームが好きな人なら是非とも遊んで欲しいゲームです!