2021年11月15日、バンダイナムコエンターテインメントが手掛ける『スーパーロボット大戦』シリーズの累計出荷本数が1,900万本を突破したと発表されました。

2021年に生誕30周年を迎えた本シリーズ。1991年発売の『スーパーロボット大戦』以降、ベスト版などを含んだリリースタイトルは90作以上に。さらに歴代274作品(2021年6月時点)が参戦しており、ロールプレイングビデオシリーズでは最多のIP(キャラクターなどの知的財産)ライセンス数を記録しています。

また、同社が手掛けるWebメディア「アソビモット」にて開発者インタビューも公開。数多のクロスオーバー作品が登場する『スパロボ』特有のシナリオ制作背景から、30年の歴史を感じさせる世代間の認識の変化にも触れたファン必見の内容となっています。

『スパロボ』シリーズ30周年記念作品、『スーパーロボット大戦30』はPS4/ニンテンドースイッチ/Steam向けに発売中。11月17日には「ゲシュペンスト」と「ギリアム・イェーガー」が登場する無料アップデート第一弾が配信予定です。