バンダイナムコエンターテインメントは、ニンテンドースイッチ/PS4/Steam向けシミュレーションRPG『スーパーロボット大戦30』にて、無料アップデートを本日11月17日(水)に配信しました。しかしこのアップデート適用後、Twitterには「レッドファイブが消失した」という報告が相次いでいます。

編集部が確認したところ、全ての機種(スイッチ/PS4/Steam)において同アップデート適用後、いわゆる準備画面である「戦略フェイズ」の機体一覧から「レッドファイブ」が消えていました。そのため、機体の改造や強化パーツの付け替えが不可能になっています。

なお機体が完全に消滅したわけではなく、レッドファイブが強制出撃するミッションは問題なく進行しているように見えます(Steam版のミッション「ザンネンとガッカリ」で検証)。強制出撃でないミッションでも、戦闘開始前の「出撃ユニット選択」画面でレッドファイブを選べる状況もある模様。

またパイロットである「イズル」は消失しておらず、「スキルプログラム」等の育成は通常通り行えるようです。

記事執筆現在、バグの詳細な再現条件は不明であり、公式からのアナウンスは出ていません。なんとも“ザンネン”な不具合となりますが、レッドファイブをエースとして活躍させているプレイヤーにとっては大きな問題であることもまた事実。気になる方はアップデートの適用を行わず、今後の修正対応を待つようにしましょう。

※【11月17日11時25分追記】

本件について、「現在原因と対応方法の調査をしている」とのアナウンスが公式より発表されました。

※【11月19日17時00分追記】

現時点で取れる解消方法が、公式サイトに記載されています。また、本現象の修正を行うアップデートも予定しているとのことです。

・解消方法
下記いずれかのミッションを選択し、クリアすると機体一覧に表示されます。

「目指せ、ヒーロー」もしくは「チームラビッツ出撃」
「ケレス大戦」
「アッシュの影」
「ねらわれた都市学園」
「オペレーション・ヘヴンズゲート」