どーも皆さんこんにちは!地元秋田県で『ポケモンGO』を楽しむゆずみんです。

先日のアップデートから、使い勝手がよくなったメガシンカ。その中でも、今後活躍が見込まれる5種類のメガシンカポケモンを5体、ピックアップしました。

メガシンカは戦力アップはもちろん、経験値やアメなどにボーナスが得られるため、とっても美味しいです。ぜひ参考にして、パーティに組み込んでみてください。

◆汎用性抜群!みず、あくの2タイプで活躍する「メガギャラドス」。
メガギャラドス最大の特徴は、「みず」タイプはもちろん、「あく」タイプでも活躍できるという点です。

「みず」タイプ単体で見れば「メガカメックス」の方が、「あく」タイプ単体で見れば、「メガヘルガー」や「メガアブソル」のほうが純粋な火力は高いのですが、1匹で2タイプ活躍できるという点がとにかく便利。メガシンカはレイドに参加するだけで、同タイプである他ポケモンの攻撃力がアップするため、多少単体火力が下がっても、「メガシンカでレイドに参加する」だけで立派な貢献になるのです。

技構成は技1がたきのぼり、技2がアクアテールが使いやすいです。ただしアクアテールは限定技となり今は覚えられません。持っていない人は、ハイドロポンプで代用しましょう。

◆ほのおタイプNo1の火力!「メガリザードンY」
メガリザードンは分岐進化という珍しい特徴があり、「メガリザードンX」はほのお・ドラゴンタイプ、「メガリザードンY」はほのお・ひこうタイプになります。そのうち、ほのおタイプとして使う場合はYの方が強く、攻撃種族値も319と、全ポケモンの中でトップクラス!

特に限定技のブラストバーンを覚えたメガリザードンYは、メガヘルガーやシャンデラ、レシラムに大きく差を付けるほど火力があります。ほのおタイプが弱点のレイドで、大活躍間違いなしです!

◆ゴーストタイプNo1の火力!「メガゲンガー」
メガゲンガーの攻撃種族値は349と、現在実装されているメガシンカポケモンの中でNo1!もちろん、ゴーストタイプとしてもトップを爆走しています。

難点は、メガゲンガー自体にはどくタイプが入っているのに、技をどくタイプで統一できないこと。とはいえ、持ち前の高い攻撃種族値を活かせば、技2のヘドロばくだんだけでも十分な強さがあります。

◆でんきタイプNo1の火力!「メガライボルト」
でんきタイプのメガシンカポケモンといえば、「メガライボルト」と「メガデンリュウ」の2匹が挙げられます。総合的な火力ではメガライボルトに軍配が上がるものの、メガデンリュウは耐久に優れていますし、好みで使い分けても良いでしょう。

でんきタイプはレイドで使う機会がとても多いです。ゼクロム、ボルトロス、ライコウなどがいますが育成難度はどれも高め。その点、メガライボルトは技1がかみなりのキバ、技2がワイルドボルトと限定技を必要とせず、いつでも育てやすいというメリットがあります。

◆使用頻度の高いこおりタイプで大活躍!「メガユキノオー」
メガユキノオーはくさ・こおりタイプ。ただし、どちらも火力は特筆するほど高くありません。メガユキノオー最大の価値は、使用頻度が非常に高いこおりタイプのポケモンをブーストさせることです。

『ポケモンGO』ではドラゴンタイプの強力なポケモンが数多く登場します。そんなドラゴンタイプを相手にする際に大活躍するのが、その弱点を突くこおりタイプです。

こおりタイプのアタッカーポケモンは、ガラルヒヒダルマやマンムー、グレイシアなどが主流。現状、ステータスの高い伝説級のポケモンがおらず、だからこそメガユキノオーを一緒に出して、ブーストさせるのが有効なのです。


今回ピックアップしたメガシンカポケモンは、今後長きに渡って活躍すると予想されます。そして5月3日からの新イベントには、「メガラティアス」「メガラティオス」も登場。ぜひこの機会に、メガシンカの強さを体感してみてください!