『ポケットモンスター』シリーズ最新作『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』の最新映像「2ndトレイラー」が公開されました。

『ポケットモンスター』シリーズは、ニンテンドースイッチ向けになってから「登場ポケモン」が制限。過去作の全ポケモンを新作に連れてこられなくなりました。

『ポケモン スカーレット・バイオレット』においても、『Pokémon HOME』の連携予告ページに「各ソフトに連れて行くことができるポケモンは、各ソフトに登場するポケモンに限ります。『ポケモン スカーレット・バイオレット』に登場するポケモンについては、実際のゲームを楽しみにお待ちください」と記載。やはり制限される可能性は高そうです。

そこで今回は、逆にどのポケモンが登場確定なのかに注目。「紹介映像に映っているなら登場するだろう!」という考えのもの、2ndトレイラーで新たに確認できたポケモンたちを紹介します。

◆ヤヤコマ、ファイアロー
◆モココ
◆カムカメ
◆タツベイ
◆コンパン
◆セキタンザン
◆ドヒドイデ、シェルダー
◆フリージオ
◆ゲンガー
◆ラランテス
◆カジッチュ、ミブリム(ステッカー)
直接的な登場ではありませんが、主人公の部屋に「カジッチュ」「ミブリム」のステッカーが貼られています。確定とまでは言えないものの、その登場に期待が高まります。なお、同じくステッカーが貼られている「フワンテ」は、前回の映像で登場済みです。

◆ハリーセン、コオリッポ(広告)
さらに、ガソリンスタンド風になったポケモンセンターらしき場所では、流れる広告に「ハリーセン」と「コオリッポ」が登場。宣伝キャラクターに抜擢されるほどならば、その地方に生息していてもおかしくはありません。こちらも確定とまでは言えませんが、登場に期待が高まります。


なお、2022年2月27日公開の「1stトレイラー」で確認できたポケモンは下記の通りです。2ndトレイラーで確認できたポケモンとあわせて、登場に期待しましょう。

ムックル
ハネッコ
チュリネ
アマカジ
コダック
ミツハニー
フワンテ
ニャース
イシヘンジン
ペリッパー
ウデッポウ
チルット
ピカチュウ
ハピナス
ハブネーク
ヨーギラス
コイル
ルカリオ
フラベベ
ゾロアーク(ヒスイのすがた)
映像ではなく、公式サイトの『Pokémon HOME』との連携紹介に掲載。
ミニリュウ(建造物)
今回の「カジッチュ」らと同じく、直接的な登場ではありませんが、「ミニリュウ」の像が登場しています。


ニンテンドースイッチ向けソフト『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』は2022年11月18日に発売予定。価格はパッケージ版が6,578円(税込)、ダウンロード版が6,500円(税込)です。

また、両バージョンをセットにした「ダブルパック」も、パッケージ版が13,156円(税込)で販売されます(※ダウンロードカード/ダウンロード番号も発売予定)。