日本でもクオリティーの高さで注目を集めることが多い中国コスプレイヤー。新型コロナウイルス感染症が流行る前の2019年までは来日する人も多かったため、今もTwitterやInstagramで話題になる人は少なくありません。2017年にゲームアプリ『陰陽師』妖刀姫でコスプレデビューして以来、洗練された作品写真で支持を集め、『アークナイツ』や『アズールレーン』などの公式コスプレイヤーとして活躍した洛洛子(ラクコ)さんもその一人。

2019年9月からアメリカ留学中の洛洛子さんは、Twitterで約40万のフォロワーを持ちます。7月1日〜4日まで、ロサンゼルスで開催される「Anime Expo」で、『アークナイツ』と『アズールレーン』の公式コスプレイヤーとして出演予定だという彼女に近況を聞いたので、厳選写真をご紹介します。

<Twitter情報>

Twitter:@Rakukoooo(本垢)、@rkksart(アート垢)
――2021年、2022年はどのようにお過ごしですか?

洛洛子:2021年は新型コロナウイルス感染症の影響で、大学の授業も含め、ほとんどが家でオンライン活動をしていました。2022年は新型コロナウイルス感染症の流行も落ち着いてきて、大学への登校も再開するなど、生活の変化が大きかったと感じています。

――アメリカ留学も3年目になりましたが、卒業後は中国に帰国予定なのでしょうか?

洛洛子:大学卒業後もアメリカで生活できるように努力中です。機会があれば中国に帰ってイベントにも参加したいです!

――現在のコスプレ活動はいかがですか?

洛洛子:アメリカ留学後は新型コロナウイルス感染症の影響もあって、コスプレ活動は並行していません。私が今住んでいるのは地方なので、コスプレ文化を知るカメラマンを見つけるのも難しいからです。

――新たに、ご自身が描かれたイラストを発信するTwitterアカウントを開設しました。留学前からイラストを学んでいますね。

洛洛子:コスプレやSNSの活動は私にとってはあくまで趣味です。私は将来アート業界で働きたいと思っているので、普段も時間の大部分はイラストやデザインの技術向上に充てています。

――最近は、なりすましアカウントの注意喚起を発信しました。人気インフルエンサーならではの悩みですが、どのような被害を受けているのでしょう?

洛洛子:もう長い間、私のなりすましアカウントを私自身だと思われて、侮辱や罵りを受けてきました。とても心が痛く、怒ったとしても虚しいです。とくに辛いのは、Twitterのなりすましアカウントが他の方が描いたイラストを盗用していることです。

被害を訴えても、なりすましアカウントは活動が続いているので、毎日のようにDMやリプで「これはあなたが本当にやっていることですか?」「盗用をやめろ」といった非難が届きます。なりすましアカウントは私とは全く関係のない他人が運用しているもので、私のアカウントではないんです。

――コスプレ活動頻度が落ちましたが、ファンの皆さんが今後もコスプレする姿を見る機会はありますか?

洛洛子:あります!7月1日から4日までロサンゼルスで開催される「Anime Expo」において、『アークナイツ』と『アズールレーン』の企業ブースでコスプレ出演予定です。アメリカに住む皆さんのお越しをお待ちしております!

<洛洛子 SNSまとめ>

Instagram:rakukoo(本垢)、rkksart(アート垢)

Twitter:@Rakukoooo(本垢)、@rkksart(アート垢)

Facebook:Rakukoo -洛洛子

YouTube:RAKUKOO Channel

bilibili動画:狐洛洛子

bilibili Stream生配信:狐洛洛子的投稿視頻

Weibo:狐洛洛子

小紅書(RED):狐洛洛子
画像提供:洛洛子