2022年6月30日の発売が間近に迫っている、ニンテンドースイッチ/Steam向けハンティングACT『モンスターハンターライズ:サンブレイク』。それにあわせて、新宿東口にある「クロス新宿ビジョン」に同作のメインモンスター「メル・ゼナ」の3D立体映像が出現しており、大きな話題になっています。

「クロス新宿ビジョン」は、2021年7月に設置された、新宿東口の新たなランドマークとなっている場所。まるで画面から飛び出てくるような、立体的な映像が流れる場所として人気を集めています。

そこに本日6月24日から現れたのが、シリーズ最新作『モンスターハンターライズ:サンブレイク』にてパッケージを飾る「メル・ゼナ」!3D立体映像によって再現された巨大な体躯は、まさに“大迫力”の一言であり、同シリーズを遊ぶプレイヤーであれば、つい「一狩り」行きたくなるほどのクオリティです。

お近くに足を運べる方は、ぜひその目に「メル・ゼナ」の姿を焼き付けてみましょう。