『モンスターハンターライズ:サンブレイク』の体験版で、数多くのハンターたちを苦しめた看板モンスターのメル・ゼナ。「にじさんじ」の人気VTuberにして、ストイックゲーマーとして知られる葉山舞鈴さんも、そんな強敵と熱いバトルを繰り広げました。

“縛りプレイの王”による新たな挑戦
体験版におけるメル・ゼナの討伐は、公式から“高難易度”と銘打たれている熟練者向けのクエスト。圧倒的な体力量を誇る上に、制限時間がたった15分しかないため、クリアできないハンターも珍しくありません。

そんな強敵に立ち向かったのが、高難易度ゲームに目がない葉山さん。たとえば今年3月にはフロム・ソフトウェアの『エルデンリング』を、リーチの短い「短剣」とタイミングの難しいパリィにこだわってプレイ。作中最強と名高い強ボスであるマレニアを、数十時間にわたる戦いの末に撃破していました。

葉山さんは巧みなプレイスキルだけでなく、困難なミッションに挑み続けるド根性にも定評のあるゲームスタイル。今回、体験版メル・ゼナの討伐にあたっても、数十時間の粘りを見せています。

しかもそこで彼女がこだわったのは、ソロプレイかつ「ハンマー」による戦闘。『サンブレイク』における「ハンマー」は、特筆して弱い武器ではありませんが、体験版メル・ゼナ戦においては一種の鬼門でした。

というのも、同クエストをクリアするには、効率的にダメージを積み重ねる必要があります。体験版メル・ゼナを削り切るには、かなりの手数が求められるでしょう。



決して諦めない“王葉山”のハート
実際に、葉山さんは「ハンマー」での体験版メル・ゼナ戦に四苦八苦。多様な攻撃パターンによって反撃の機会を窺えず、順調に進んだとしても時間ギリギリでエリア移動されてタイムアップ…というパターンを繰り返していました。しかし幾度も挑戦を繰り返すなかで、地道に攻略パターンをつかんでいきます。

そしてやってきた運命の一戦。葉山さんは華麗な「ハンマー」さばきによってダメージを積み重ねていき、見事に宿敵を討伐してみせました。

数十時間の努力が実った成果に、葉山さんは「やった…やった…!」と感極まってしまった様子。「めっちゃうれしい」「やっとだよ…!」と最大限の喜びをにじませつつ、「ぶっちゃけ本当に今までやってきたゲームの中で一番つらかった」と苦労を振り返ります。

その姿には、固唾を飲んで見守っていたファンたちも思わず感動。「葉山ハンマーでメル・ゼナソロ討伐ほんとすごい!感動したわ!」「葉山の諦めない心本当に尊敬するわ」「ハンマー初心者が70時間以上体験版やってついにメルゼナ討伐。努力と根性がすごすぎる」と喝采が飛び交っていました。

なお、体験版メル・ゼナ撃破後、葉山さんはツイッター上でその喜びをあらためて報告。ツイートによると、体験版のプレイ時間は約71時間とのこと…。

もはや恒例となった「葉山舞鈴vs強敵」の激アツバトル。次はどんな敵が待ち受けているのでしょうか。