ニンテンドースイッチ/Steam向けハンティングACT『モンスターハンターライズ:サンブレイク』にて、8月に実施予定の無料タイトルアップデート第1弾。そこで追加予定の新機能「傀異錬成(かいいれんせい)」が公開されました。

第1弾では「傀異調査」に新たなコンテンツが加わると予告されていましたが、今回はその追加要素の中から「傀異錬成」が紹介。アップデートで追加される新たな素材を使用した、防具強化に関するシステムの模様。

画像には「傀異強化結果」や「反映するステータスを選択してください」など、気になるワードがチラホラ。特に目を引くのは、強化対象である「メルゼアーム」の性能。防御力・龍耐性が上がるなか、水耐性は-7も減少。そして、装備スキルも「連撃Lv+1」「睡眠耐性Lv+1」となっています。

一方、海外公式Twitterの紹介画像では、同じく「メルゼアーム」を強化しているものの、耐性値に変化はなく防御力が大幅上昇。装備スキルも「Blast Attack(爆破属性強化)Lv+1」とまったく異なる強化結果となっています。

画像を見る限り、限界を超えたステータス強化に加え、装備スキルもさらに増やせるとんでもない機能と思われますが、その仕様が気になるところ。好きな強化値やスキルを選べるのか?はたまたランダムなのか?続報が待たれます。


無料タイトルアップデート第1弾では、モンスター「月迅竜 ナルガクルガ希少種」「紅蓮滾るバゼルギウス」、フィールド「塔の秘境」の追加が発表済み。このほかにも「さらに複数のモンスター」「希少種モンスター」「特殊個体モンスター」が登場予定。さらに、プレイ難易度についても選択の幅が広がると予告されています。