株式会社ポケモンは、8月3日に配信された「Pokémon Presents 2022.8.3」にて、ニンテンドースイッチ向けソフト『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』の最新情報を公開しました。

今回の配信では、ストーリーに登場する登場人物の一部が明らかに。本作の舞台となる「パルデア地方」の伝承を研究するオーリム博士/フトゥー博士(ソフトのバージョンによって、どちらかが登場)、主人公が通う学校の校長先生「クラベル」、生物学を担当する担任「ジニア」が紹介されました。

クラベルは時に厳しく、時には親身に主人公に接してくれる様子。なおオーリム博士/フトゥー博士とは友人という繋がりもあります。ジニアはポケモンの生態に詳しいものの、研究に没頭して我を忘れたり、マイペースで天然気味な一面がある様子。

また主人公にとって身近な存在となる先輩トレーナー「ネモ」や、ポケモンを元気にする健康料理を研究している先輩「ペパー」、人見知りであまり学校にきていない同級生「ボタン」との交流も気になるところ。

あわせてシリーズお馴染みのジムリーダーとして、氷タイプの使い手である「グルーシャ」もお披露目されました。グルーシャは元プロのスノーボーダーで、今はナッペ山ジムのジムリーダーを専任。普段はクールですが、バトルが白熱すると抑えている感情があらわれ、表情が豊かになる一面もあるとのこと。なお、相棒は初登場となるポケモン「ハルクジラ」です。

いったい彼らは、どのような場面で主人公と出会うのか。発売が非常に楽しみですね。


『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』は2022年11月18日に発売予定。価格はパッケージ版が6,578円(税込)、ダウンロード版が6,500円(税込)、両バージョンセットの「ダブルパック」が13,156円(税込)です。