近年の『ポケットモンスター』シリーズでは、既存個体の異なる姿(リージョンフォーム)や新しい進化系が登場することもしばしば。

来たる11月18日発売予定の最新作『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット(ポケモンSV)』においても、既に“あるポケモン”が注目を浴びているようです。

ご当地動物モチーフに注目?
リージョンフォームが発見されたのは、『ポケットモンスター サン・ムーン』でのこと。各地方の環境に適応した姿とされており、タイプやフォルム、そして中には進化先が変わる個体もいました。

以降シリーズが展開される度に新たな特徴を身につけては、トレーナーたちを驚かせてくれるポケモン。『ポケモンSV』では、既にウパーが「パルデアのすがた」として登場することが発表されています。

しかし、シリーズの傾向的に新たなリージョンフォームは複数匹実装されるのが通例。つまり、他にも異なる姿をお披露目してくれるポケモンがいるはず。そこで、ファンが大いに期待を寄せているのが「ケンタロス」です。

トレイラーにヒントが?
というのも、『ポケモンSV』の舞台である「パルデア地方」は、地図の形状からスペインやポルトガルを含むヨーロッパのイベリア半島がモデルになっているというウワサ。そして同地では、闘牛が国技として盛んに行われています。

また、6月1日に公開されていた「2nd Trailer」に同作のたんパンこぞうと思わしきトレーナーが映り込んでいるのですが、よく見てみると胸元に牛のような模様がプリントされたTシャツを身に纏っています。ひょっとすると、「パルデア地方」では「ケンタロス」とトレーナーによる闘牛が伝統となっているのかもしれません。

もし「パルデアのすがた」が登場するとしたら、やはり闘牛にちなんで「かくとうタイプ」が付与されるのでしょうか。他にもどんな出会いが待っているのか、今から待ちきれませんね!