9月15日から18日まで幕張メッセで開催中の「東京ゲームショウ2022(以下「TGS2022」)」。カプコンはニンテンドースイッチ/Steam向けハンティングACT『モンスターハンターライズ:サンブレイク』にて、「エスピナス亜種」討伐クエストの試遊体験を実施しています。

「エスピナス亜種」は、9月末に実施予定の無料タイトルアップデート第2弾で登場するモンスターです。

「TGS2022」試遊用の「エスピナス亜種」討伐クエストは、特別に用意した高難度のクエスト仕様となっており、討伐に成功するとオリジナルステッカーをプレゼントでもらえます。

ニンテンドースイッチ版はシングルプレイと4人マルチプレイの試遊台で、Steam版は4人マルチプレイの試遊台でクエストに挑戦できます。

インサイド編集部では一足先に「エスピナス亜種」討伐クエストをプレイしてきたので、レポートをお届けします。

エスピナス亜種は、原種同様の強力な連続タックル、火属性やられだけでなく毒も付与されるブレスをしてきます。タックルとブレスだけでも厄介なうえ、溜めモーションから繰り出されエスピナス亜種の足元に広がるワンパンブレスが凶悪です。

溜めモーションは背後から視認しづらく、足元で戦うことの多い剣士は気づいたらワンパンブレスの餌食になりやすいので、こまめにエスピナス亜種の動きを確認しましょう。

足元で戦い続け、溜めモーションに気づかなかったインサイド編集部は見るも無惨な結果となりました。

記事執筆している編集部の隣で、編集部メンバーはど派手なワンパンブレスの一部始終をカメラで撮影。画面越しでも派手なのが伝わって嬉しい反面、「撮影してないで助けてえええ」という悲痛な叫びを胸の内であげるハメに。

エスピナス亜種は怒り中の肉質軟化が顕著で、被ダメージが大きいリスクを負いながら火力を出すという、ある種サンブレイクではおなじみの戦い方が求められます。

「TGS2022」仕様の本クエストは、討伐時間が15分とただでさえ短く、乙は大幅なロスになってしまうので、丁寧なプレイングを心がけることに加え、キャンプ裏にありド根性が付与されるヌリカメを必ず拾っておきましょう。

また、本クエストの準備時間は90秒。全ての準備をするには時間が足りないので、必須となる装備と入れ替え技の設定に加え、アイテムショートカットやカメラ距離など、何を変更するかを決めておきましょう。

クエスト挑戦はあえなく失敗におわったものの、大画面でど迫力の狩猟体験を楽しむことができました。体験終了後は、いつも共に戦っている相棒の等身大ガルクと記念撮影ができるので、記念に1枚いかがでしょうか。

TGS2022で先行試遊できる「エスピナス亜種」は、9月末に実施予定の無料タイトルアップデート第2弾で登場予定です。