カプコンは、ニンテンドースイッチ版『モンスターハンターライズ:サンブレイク』で確認されている「エラーが発生してゲームが終了する不具合」について、9月29日配信の「無料タイトルアップデート第2弾(Ver.12.0.0)」で修正すると発表しました。

本不具合は、セーブデータのサイズが大きくなっている場合に、セーブ時やロード画面への移行時にエラーが発生する場合があるというもの。遭遇した場合、セーブができなくなるほか、セーブデータが破損する可能性もありました。

しかし、Ver.12.0.0での対応でついに修正へ。本不具合においてセーブデータに影響を及ぼすような事象も発生しなくなります。

ただし、ギルドカード「自慢の傀異錬成装備」に “傀異強化済みの防具” を設定したことがある場合、セーブデータのサイズが増加する不具合は、10月配信予定の「Ver.12.0.1」で修正されます。

9月12日に案内されていた、設定済みの防具をすべて“傀異錬成ステータスが強化されていない防具(「傀異適応」をおこなった後、「傀異強化」をしていない防具)”に設定し直しておく回避方法を、引き続き行うよう促しています。

なお、本不具合は別途案内されている 「不正改造データに関するご注意」 との関連性はありません。