9月7日に公開された『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット(ポケモンSV)』の「4th Trailer」で、新ポケモンの情報が明らかに。

中でも異色なデザインで注目を集めた「グレンアルマ」と「ソウブレイズ」について、ファンの間では“とある考察”が盛り上がっているようです。

まさかの合体説浮上
「グレンアルマ」は、頭頂部に揺らぐ炎と身にまとった鎧が目を引く「ひのせんしポケモン」。見た目の通り強固な守りが長所ですが、防御と特防を引き換えに放つ専用技「アーマーキャノン」は高い威力を誇っているそう。

一方の「ソウブレイズ」は、炎とゴーストのエネルギーで構成された剣を持つ「ひのけんしポケモン」。専用技「むねんのつるぎ」には、斬りつけた傷口から相手の生命エネルギーを吸い取るという恐ろしい能力が備わっています。

鎧と剣、そして分類が似ているなど、実に対比的な存在である「グレンアルマ」と「ソウブレイズ」。2匹の関係性も気になるところですが、一部ではパッケージポケモンの「コライドン」、「ミライドン」と“合体”するのでは、といった予想が飛び出しています。

過去には前例も
たしかに、それぞれ人型で色合いも対応していますし、入手法がバージョン限定であるという点もなんだか怪しい…。SNS上では、「コライドンとグレンアルマ、ミライドンとソウブレイズ合体パターン来た?」「ミライドン、コライドンと合体するグレンアルマとソウブレイズ…あると思います!」などの声が寄せられていました。

実際、シリーズでポケモン同士が組み合わさることは珍しくありません。合体パターンでは、キュレムやネクロズマという前例が存在。いずれも対象のポケモンを吸収するような形で、別の姿にフォルムチェンジしています。

また前作『ポケットモンスター ソード・シールド』では、バドレックスが対応したポケモンに“騎乗”することで真の力を発揮するという初めてのケースが。コライドン、ミライドンには陸海空に対応した複数の形態が用意されているので、合体が実現すれば従来と一線を画した性能のポケモンになりえますね…!

“鎧ライダー”が「パルデア地方」の広大な大地を駆け巡る――。はたしてファンの予想は、見事的中するのでしょうか。あるいは、全く予想だにしない展開が待ち受けているかもしれません。