2022年10月6日、Twitterにて使用できるツール「スタンプ」が更新。ユーザーの間では、更新されたスタンプが「リアルすぎる」と話題になっているようです。

Twitterのスタンプとは、ツイートを投稿する際、画像にモザイクやデコレーションとして貼ることができるもの。今までに「使ったことがある」という方もいるのではないでしょうか。

しかし本日10月6日、そんなスタンプたちに変化が。試しにTwitterを開いてみると、今まで平面的だったスタンプが立体的に変化していました。食べ物類のスタンプはリアルさは相当たるもので、特におにぎりや寿司の米粒感は本物かと見間違うほどですね。

Twitterでは、あまりのリアルさに「Twitterのスタンプ」がトレンド入り。「スタンプのゴリラこっち見んな!w」「米粒の粒感が凄い」「雰囲気変わってた」という声が上がっていたほか、画像にスタンプを貼って謎の画像を作ったりと、各々の方法で新スタンプを楽しむユーザーが多く見られました。

気になった方は、ぜひ自身のTwitterを開いてみてください。