カプコンは、ニンテンドースイッチ/Steam向けハンティングACT『モンスターハンターライズ:サンブレイク』の情報発信イベント「スペシャルプログラム 2022.11.16」にて、無料タイトルアップデート第3弾(Ver.13)の配信日を11月24日に決定しました。

第3弾では、特殊個体モンスターの「渾沌に呻くゴア・マガラ」と、傀異化を上回る力を持つ古龍「傀異克服クシャルダオラ」「傀異克服テオ・テスカトル」が追加されます。

◆渾沌に呻くゴア・マガラ
「渾沌に呻くゴア・マガラ」は、シャガルマガラへの成長を阻害され、異形へと堕ちてしまったゴア・マガラです。体はゴア・マガラを維持しながらも、内にはシャガルマガラの強大な力を抱えており、非常に不安定な状態。その肉体では御しきれぬ力のためか、時に苦悶して、暴れているような様子も見られます。獲物を攻撃する際には翼脚の展開と格納を繰り返すなど、形態が整うこともありません。

◆傀異克服クシャルダオラ、傀異克服テオ・テスカトル
2頭が冠する「傀異克服」とは、キュリアによって一方的に寄生され傀異化したモンスターが、その影響によって引き起こされる暴走を抑え込み、キュリアの力を完全に我が物として「共生関係」へと変化させた状態です。

傀異克服古龍は、怒りでさらなる力を引き出す状態が存在。それぞれの古龍が持つ超常的な能力が、より強大なものに増幅され、それを用いて立ちはだかることになります。この状態を「傀氣脈動状態」と呼び、対峙する際は手を緩めることなく攻撃を続け、一刻も早く解除しなければ非常に危険です。


「渾沌に呻くゴア・マガラ」はMR10以上、「傀異克服クシャルダオラ」はMR120以上、「傀異克服テオ・テスカトル」はMR140以上でクエストが受注可能となります。

また、今後のロードマップも公開されました。2023年以降も複数回の無料タイトルアップデートを実施予定で、第4弾は冬頃、第5弾は春頃に向けて準備中です。

第4弾では「古龍種モンスター」と「強化個体モンスター」が追加予定。第5弾の内容は不明ですが、番組では「モンスターが追加されそうだな」と紹介されています。

©CAPCOM CO., LTD. 2021, 2022 ALL RIGHTS RESERVED.