カプコンは、ニンテンドースイッチ/Steam向けハンティングACT『モンスターハンターライズ:サンブレイク』に関して、「不具合に関するお詫びとお知らせ」を公開しました。

今回の不具合は、11月24日配信の「無料タイトルアップデート第3弾(Ver.13)」において発生したもの。発表によると、アップデート後にギルドカードの「称号」が、予め設定していた名称から変更されている場合があることを確認したとしています。

なお、本事象はアップデート適用後に1回のみ発生するとのこと。解消方法として、手動で「称号」を再設定するようアナウンスしています。