プロゲーミングチーム「ZETA DIVISION」は、所属メンバーに対する誹謗中傷への法的措置を含む対処についての経過報告を発表。損害賠償請求が裁判所に認めらる事例や、発信者情報開示請求の成功など、対処が着々と進んでいるようです。

◆開示請求や損害賠償など着々と進む
なお、今回の報告はクリエイター部門に所属するストリーマーの関優太さんへの誹謗中傷に対するものです。ひとつは、掲示板「5ちゃんねる」にて、関優太さんの容貌を含む画像と共に「知的障害者みたいw」などと投稿されたものについて、発信者情報の開示請求によって投稿者を特定したうえで、損害賠償請求訴訟を実施。裁判ではZETA DIVISION側の主張が認められ、損害賠償を行う旨の判決が下ったとのこと。

2つ目は、「好き嫌い.com」にて関優太さんとその家族に対する殺害予告を投稿した人物に対しては、発信者情報の開示に成功したと報告。今後適正な対処を行っていくとしています。

これら以外にもZETA DIVISION所属の選手・クリエイター・その他当社所属メンバーやスタッフに対する誹謗中傷などの攻撃的行為に対して、発信者情報開示請求や損害賠償請求を進行しているとしています。

また、内容によっては示談交渉や和解ではなく直接民事訴訟を提起して責任を追及していく姿勢を示しています。