先日テレビで地方特産品を成城石井で取り扱うという企画の番組がありました。これはコロナ禍で苦しむ地方特産品201品の中で、成城石井で販売をする特産品を選定しようというものです。

番組には成城石井の社長が出演し、自ら試食することで、売れるかどうかを判断し、201品の中から最終選考候補で11品選び、正式に販売を開始するものを5品選定しました。

番組では最終選考候補11品の紹介を行いましたが、どれも美味しそうで、成城石井で取扱いを始めれば売れることは,間違いなさそうな食品ばかり。また、どれも地方特産品としてこだわっているものだったことを思い出します。

成城石井は、自家製惣菜、ワイン、チーズ、菓子など、日本だけでなく世界中から、バイヤーが厳選した“おいしいもの”を豊富に揃えるスーパーマーケットです。1927年、東京世田谷の成城に小さな食料品店として創業した「石井食料品店」から始まり、今年の6月現在で184店舗を展開しています。

元々独立系として創業されましたが、その後2014年にローソンの傘下に入りました。成城石井のイメージは、高級だけど、手が届く高級スーパーと言った感じでしょうか。食品の品揃えと品質については信頼がおけるお店でしょう。

成城石井だけでなく、流通小売りにとって、美味しい、売れる、は当たり前の評価軸です。特に「売れる」ものを如何に探してくるか、は流通小売りバイヤーにとっての生命線とも言えます。

一方で、工業製品のバイヤーにとって、従来は開発や技術部門、依頼元などが決めたものを買ってきていたので、何を買うか、という視点はあまり重要視されてきませんでした。ところが、最近は自社製品の競争力強化のために新しい技術やサプライヤを探してくる、それを積極的に採用に向けて提案を行う、というような、従来にない機能を求められるようになってきています。

このように工業製品バイヤーにとっても収益拡大に、直接寄与する買い物が求められ始めました。そういう点から、彼らにも流通小売りバイヤー的なセンスが求められ始めています。

今回の成城石井での地方特産品の新規販売については、「売れる」「美味しい」に加えて、ストーリーがあるかどうか、にこだわったそうです。成城石井の原社長いわく「ストーリー」とは、生産者の思い、だったり、こだわり、だったりということです。

「美味しい」だけでなく、何故おいしいのか、その背後にあるこだわりや歴史、作る側の思いがあることによって、食べる側も共感できる、単なる食べ物ではなく、物語の共有ができることを重視しているとのこと。

私は、工業製品バイヤーにとっても、調達とは、単なる買い物ではなく、その裏には多くの物語が隠されているのではないかと考えます。単なる部品や原材料ではなく、品質確保に苦労したモノとか、VE提案でかなり質感を上げることに成功したモノとか、自分が考えた通りのシナリオで調達ができたモノとか、昨今のコロナ禍の影響で確保が難しくなった原材料をどうにか買いつないだとか、様々な物語が、その裏にはある筈です。

単なる調達品ではなく、調達品の裏にあるストーリーは調達購買業務の奥深さや興味深さ、そのものにつながります。そういった物語を工業製品バイヤーももっと大事にし、発信し、共有すべきでしょう。

成城石井は地方特産品の新規販売について、最終的に11品目から5品目の取り扱い品目に絞り込んだのですが、その基準は何だったのでしょうか。実はとてもシンプルな基準でした。

一つ目は品質安全基準です。これは食品を扱っているわけですし、今のご時世ですから当たり前です。しかし品質安全基準を満たすといっても一時的なものではなく、仕組みとして安全を担保しなければならないのは、とても難しいことでしょう。

2点目は量の確保です。地方特産品と違い全国展開のスーパーにとっては、全てのお店で品物を切らさないというのが絶対条件になるからです。

3点目はパッケージデザイン。スーパーで販売するためには、綺麗な化粧箱よりも中身が見えるようなパッケージが向いているようです。これは商品が見えることで安心安全にもつながります。

最後はコスト。地方特産品は、お土産として購入する時には多少高くても購入するでしょうが、スーパーには様々な商品がおいてあり、消費者は展示されている商品を比較して購入します。
つまり品質とコストのバランスが取れていることが重要です。これらの4つの基準、これらは、考えてみたらQCDそのものであり、工業製品バイヤーの世界と全く変わらない基準でした。買うものは異なりますが、購入品に求めることは両者とも変わらない。

とても興味深いことです。