株式会社マネーフォワードは、100%子会社として「MF KESSAI株式会社」を3月16日付で設立し、企業間後払い決済サービス「MF KESSAI」を6月20日より提供開始した。サービスや製品の売り手側の企業が、それらの買い手となる取引先企業への請求内容をMF KESSAIに入力するだけで、取引先企業の与信審査から請求書の発行・送付、入金催促、入金管理といった手続きまで自動で行われる。

 MF KESSAIのユーザー企業(売り手側企業)から売掛債権を譲り受け、その債権の回収を行うサービス(ファクタリング)の一種と言えるが、MF KESSAIはマネーフォワード子会社ならではの強みがあるという。

 具体的には、マネーフォワードでは中小企業向けのバックオフィス業務を効率化するサービス「MFクラウド」シリーズとしてクラウド会計ソフトなどを展開しており、それらのサービスで蓄積してきたビッグデータを活用し、“悪い買い手”を判定する独自の与信モデルを構築した。これにより与信審査は5分から半日で完了。審査通過率は98%で、審査通過後は100%入金を保証する。

 また、同じくMFクラウドなどにおける金融機関などとのAPI連携で培った技術を生かし、API連携のしやすさも強みの1つだという。MF KESSAIの開始当初は請求内容の入力は手動入力やCSVインポートなどに限られるが、今後、APIによる提供を開始する予定だ。「MFクラウド請求書」で入力した請求内容がそのままMF KESSAIと連携するサービスを今秋以降に開始するほか、企業がそれぞれ自社で運用している業務システムとのつなぎ込みにもAPIで柔軟に対応可能だとしている。これにより、MF KESSAI上で請求内容を入力する作業すら不要になるという。

 MF KESSAIの利用料は、決済金額の1.5〜3.5%。具体的な料率は、MF KESSAIのユーザー企業(売り手側企業)と取引先企業(買い手側企業)の審査によって個別に決定するが、クレジットカードの手数料よりも安くなる場合が多いとしている。

 取引先企業への請求は月末締め・翌月末払い、入金は翌々月初めが基本だが、今秋開始予定の「早期入金サービス」を利用することで売掛金の回収サイクルを短縮することが可能。料率が1〜3%程度上乗せされるが、即日、入金が完了する。

 マネーフォワードでは、MF KESSAIのサービスについて、ファクタリングというよりも、請求業務のアウトソーシングという性格であることをアピール。企業は、同サービスを利用することで、新規取引先の与信審査などにかかる時間・手間を削減し、取引先企業の拡大を図れるほか、少額の取引を多数の企業と行う中小企業などにおいて請求業務にかかる人件費の削減にもつながるほか、「代金回収サイクルの短縮化とリスクのない代金回収により、お金の心配せずに本業に集中できるようになる」としている。

【お詫びと訂正 2017年6月21日 11:20

 記事初出時、入金のタイミングについて誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

誤:取引先企業への請求は月末締め、入金は翌月末が基本だが、

正:取引先企業への請求は月末締め・翌月末払い、入金は翌々月初めが基本だが、

誤:「早期入金サービス」を利用することで(中略)5営業日後には入金が完了する。

正:「早期入金サービス」を利用することで(中略)即日、入金が完了する。