ウェザーニューズが2017年の「梅雨の天気傾向」を発表

ウェザーニューズが2017年の「梅雨の天気傾向」を発表



ウェザーニューズは2017年の「梅雨の天気傾向」を発表した。今年の梅雨入りは全国的に平年並となり、梅雨明けは西日本で平年より遅いと予想している。

■2017年の梅雨入り・梅雨明け
今年の梅雨入りは、九州から東北は平年並となる予想。梅雨明けは、西日本で平年より遅れる可能性がある。特に九州北部と四国は、今年の梅雨期間は平年より長くなる見込みで、ほかのエリアは平年並の予想。

西・東日本は6月上旬に梅雨入りし、7月中旬から下旬にかけて徐々に梅雨明けとなる予想。東北は、6月中旬から7月下旬が梅雨期間となる見込み。

沖縄・奄美は、平年より遅く5月中旬に梅雨入りした。沖縄の梅雨明けは平年並の6月下旬の予想だが、奄美の梅雨明けは高気圧の張り出し具合や暖かく湿った空気の影響を受けて、平年より遅れて7月上旬となる予想。

■梅雨期間の雨量
今年の梅雨期間の雨量は、西日本を中心に平年より多く、東日本と東北は平年並〜やや多い予想。

ウェザーニューズが2017年の「梅雨の天気傾向」を発表

ウェザーニューズが2017年の「梅雨の天気傾向」を発表



6月上旬から中旬は、梅雨前線が南西諸島付近から日本の南岸に停滞する予想。沖縄付近では活発な前線や暖かく湿った空気の影響を受けて大雨の恐れがあり、平年の6月よりもやや多い雨量となる見通しのため注意が必要となる。

6月下旬以降は、梅雨前線が本州の南岸から本州付近に北上して、九州から東北にかけて雨のピークを迎える。南からの暖かく湿った空気の影響で前線活動が活発化して、激しい雷雨や大雨となる可能性がある。河川の増水、家屋への浸水、土砂災害などの恐れがあり、特に暖かく湿った空気が流れ込みやすい九州や中国・四国など西日本を中心に警戒が必要。

今回発表された見解は5月24日時点の情報をもとにしたもの。最新の見解はスマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」またはウェザーニュースのWebサイト「梅雨見解2017」で確認されたい。