Flashのイメージ画像

Flashのイメージ画像



PCのWebブラウザーなどからゲームで遊んだり、動画を視聴したりするための機能として人気がある「Flash」が廃止へと向かう。開発元のAdobe Systems(アドビ)は2020年末で主要な更新を打ち切ると発表した。

Flashはいったん追加しさえすれば、使っているWebブラウザーの種類を問わず、同じような見栄えで動画やゲームが楽しめたのが魅力。YouTubeを運営するGoogleやDMM.comなどの大企業も以前は熱心に対応してきた。

ところが最近はHTML5、WebGL、WebAssemblyなど別の機能が発達。安定性に優れ、便利で、しかもいちいち手動で追加しなくてもWebブラウザーに最初から組み込んであることが多くなった。

アドビはこのほど、Webブラウザーに追加するための「Flash Player」の更新と配布を2020年末で停止すると決めた。Flashを使って動画やゲームを動かしている企業には別の機能へ切り替えるよう呼びかけていく。

2020年末まではセキュリティ更新を続け、主なWebブラウザーで動作するようにし、必要に応じて機能も強化していくそう。

YouTubeなど大企業はHTML5などへの切り替えが進んでいる。しかしもっと小さな企業ではまだFlashに依存しているところも少なくない。今後どのような対応をとっていくのか気になるところだ。