台風5号のイメージ

台風5号のイメージ


(出典:ウェザーニューズ

気象情報会社ウェザーニューズが公開した台風5号の進路予想が面白いと話題になっている。もともと気圧配置の影響もあって迷走ぎみのため、今後の動きについても13パターンに意見が割れているのだ。

台風5号、アジア名「ノルー」は7月に次々と発生した台風の中でも特に奇妙。北西側と北東側にある高気圧のせいでどちらにも進めず、太平洋上の同じ場所をめぐりながら、日本に近づくかと思えば遠ざかり、「まるで内気な女の子のようだ」とTwitter上などで話題になった。

それがいよいよ北上するのだが、どこへ行くのかまだ、いまいちはっきりしない。ウェザーニューズは日本時間の8月1日9時における台風を監視する世界各国機関による5号の進路予想をまとめた図を公開している。

見ると東日本へ、西日本へ、沖縄方面へ、東の海へと、かなりバラつきがある。進路を決める要因である高気圧の大きさ、位置が通常とはかなり異なるようで、それが世界のコンピューターの計算結果が割れている要因になっている。

あまりに風変わりな構図が、Twitter上では大いに拡散。昔のテレビアニメ「超時空要塞マクロス」のミサイル発射シーンのようだと冗談の種にする人もいる。

マクロスでは「板野サーカス」という、アニメーターの板野一郎氏が得意とする映像表現技法が登場し、煙の尾を引くミサイルが無数に交差しながら四方八方に飛び回る迫力のある場面が人気を博した。アニメファンのあいだでは「沢山のものが飛び回る派手なようす」の代名詞ともなっている。

ウェザーニューズがまとめた各国の台風進路予想がてんでばらばらなようすが、なるほど板野サーカスを連想させるという訳だ。