ビットコインキャッシュのイメージ

ビットコインキャッシュのイメージ


(出典:bitFlyer)

仮想通貨「Bitcoin(ビットコイン)」から分裂した「Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)」。いよいよ流通が本格化した。無料でもらえたという人もいる。

日本でも、仮想通貨の売買を手掛ける大手取引所bitFlyer(ビットフライヤー)を使っていた人から、無料でビットコインキャッシュを受け取れたとの声が出ている。

8月1日21時20分時点で、bitFlyerで管理していたビットコイン現物の数量と同量のビットコインキャッシュを自動で取得できたという。残高はログイン後ホーム画面、資産状況で確認できる。

8月3日時点では、ビットコインキャッシュの「通貨価値」は元のビットコインより低いため、単純に資産が2倍になった、ということではないが、それでも多数のビットコインを保有していた人にとってはうれしいできごとだろう。

またこれは、bitFlyerがビットコインキャッシュへの分裂を恒久的なものと見なし、通貨としてひとりだちしたと一定のお墨付きを与えた証拠でもある。

なおビットコインキャッシュの預入、送付などはまだできない。ビットコインキャッシュを支える基盤となる仕組み、ブロックチェーンの動きに応じて順次利用可能になる見込みだそう。