軽キャンピングカー「GMLVAN S-01」オートバックスセブンの展開するGORDON MILLER MOTORSから登場
軽キャンピングカー「GMLVAN S-01(ジーエムエルバン エスゼロワン)」が、オートバックスセブンが展開するGORDON MILLER MOTORSから登場。2022年12月17日に直営店舗の「GORDON MILLER KURAMAE」で車両展示と先行予約受付が開始される。

また、全国のオートバックスグループ店舗のGORDON MILLER AUTHORIZED DEALERSでは2023年2月中旬から順次販売が開始される。


「GMLVAN S-01」概要



ベース車両
ベース車両はダイハツハイゼットカーゴのクルーズターボグレード。「GMLVAN S-01」は、このベース車両の持つ高い機動力やコストパフォーマンスを維持した軽キャンピングカーに仕上げられた。ソロキャンプにぴったりなのはもちろん、通勤や買い物でも活用できる。

エクステリア
フロントフェイスでは、丸目ライトを特徴としたクラシカルでスマートなデザインを採用。ボンネット、グリル、バンパー、フェンダー、ライト周りを刷新し、ベース車両のクラス感を感じさせないスタイルに変更した。

ボディカラーは、ダイハツ工場によるメーカー塗装でGORDON MILLER MOTORSオリジナルカラーのオリーブドラブとコヨーテ(ダイハツ サンドベージュメタリック)の2色を展開している。

リアはGORDON MILLER MOTORSのロゴとオリジナルデザインのテールランプ(オプション設定)が目を引くシンプルなデザインとされた。

インテリア
ボディカラーに合わせて開発したオリジナルカラーのCORDURA生地を前後のシートカバーに採用した。表面にはデュポンのテフロン加工を施して、撥水・防汚・防塵の効果をプラスしている。

車内には無垢の天然木アカシア材を採用。材質は硬く粘りがあり、衝撃や曲げに強く、耐久性に優れた特長を持っている。

荷室部フロアは、空間を有効に活用するためのシンプルな設計で、フルフラット機能を生かして最大限のスペースを確保している。

車内空間を有効に活用するため、荷室部左右に天然木の収納式テーブルを装備。テーブルサイズは幅54cm、奥行35cm、フロアからの高さは40cm、耐荷重は10kgで、一般的なポータブル電源などを置いても耐えられる設計とされた。

遮光カーテンを標準装備。車中泊時の車内のプライバシー確保や夏場の日差しのカットでその効果を期待できる。

参考販売価格は2WD車が319万円で、4WD車が338万8,800円。