【2024年最新】マツダのSUV車まとめ CX-60/MX-30 など8車種
2024年現在で購入できる、マツダのSUV車ラインナップ全8車種を紹介します。「CX-60」「MX-30」など、ガソリンエンジンに加えクリーンディーゼルやEVのパワートレインを搭載した車種に注目です。

※ 本記事内で取り上げている車種は、2024年1月時点でマツダ公式サイトに掲載されている情報を参照しています


CX-60



「ドライビングエンターテインメントSUV」のコンセプトが掲げられている、2列シート仕様のミディアムサイズSUV。ガソリンエンジン単体のみではなく、プラグインハイブリッド仕様やハイブリッドシステムを組み込んだクリーンディーゼルエンジン搭載車など多彩なバリエーションに注目です。

【おすすめ度(5段階評価)】

★★★★★(マツダのSUVラインナップで貴重なFRレイアウト採用車種)

おもな車両スペック
全長(mm):4,740

全幅(mm):1,890

全高(mm):1,685

車両重量(kg):1,680~1,890

乗車定員(人):5

燃費(WLTCモード、km/L):13.0~21.1

トランスミッション:8速AT

駆動方式:2WD(FR)/4WD

車両本体価格:322万3,000円~646万2,500円(税込)


MX-30



「わたしらしく生きる」のコンセプトが掲げられているコンパクトSUV。運転の楽しさや快適さ、上質なデザインが兼ね備えられています。マイルドハイブリッドシステムの搭載で、燃費性能も高められていることに注目です。

【おすすめ度】

★★★★(MX-30シリーズの車種で初期費用を抑えるなら、マイルドハイブリッド仕様がターゲットとなる)

おもな車両スペック
全長(mm):4,395

全幅(mm):1,795

全高(mm):1,595

車両重量(kg):1,780

乗車定員(人):5

燃費(WLTCモード、km/L):15.4

トランスミッション:6速AT

駆動方式:2WD(FF)/4WD

車両本体価格:264万円~299万7,500円(税込)


MX-30 EV



MX-30シリーズのEV(電気自動車)モデル。2022年に実施された商品改良では「AC1500W」および「AC150W」の電源、「V2H」の給電機能が追加されました。車両に蓄えた電力が利用可能で、家電製品や建物への給電による災害時などでの電源でも使用できる機能が強化されています。

【おすすめ度】

★★★★(自宅に充電環境がととのっているなら購入検討の価値あり)

おもな車両スペック
全長(mm):4,395

全幅(mm):1,795

全高(mm):1,565

車両重量(kg):1,650

乗車定員(人):5

交流電力量消費率(WLTCモード、Wh/km):145

一充電走行距離(WLTCモード、km):256

駆動方式:2WD(FF)

車両本体価格:451万円~501万6,000円(税込)


MX-30 Rotary-EV



2023年、MX-30シリーズに追加された「発電用ロータリーエンジン」搭載車です。世界でマツダだけが量産化に成功させた「ロータリーエンジン」をエネルギー発電用で搭載。高出力モーターやリチウムイオンバッテリーと組み合わせた独自のシリーズ式プラグインハイブリッドシステムに注目です。

【おすすめ度】

★★★★★(マツダの象徴・ロータリーエンジンの復活が味わえるモデル)

おもな車両スペック
全長(mm):4,395

全幅(mm):1,795

全高(mm):1,595

車両重量(kg):1,780

乗車定員(人):5

燃費(WLTCモード、km/L):15.4

駆動方式:2WD(FF)

車両本体価格:423万5,000円~491万7,000円(税込)


CX-3



スタイリッシュで都市的・先進的なデザインが取り入れられているコンパクトサイズSUV。2023年に実施された商品改良では特別仕様車「Vivid Monotone」が追加。光沢のクラッディング塗装が施された外観に注目です。

【おすすめ度】

★★★(コンパクトサイズの都市型SUV 街乗りでの使用用途で考えている人向けの車種)

おもな車両スペック
全長(mm):4,275

全幅(mm):1,765~1,780

全高(mm):1,550

車両重量(kg):1,210~1,370

乗車定員(人):5

燃費(WLTCモード、km/L):15.7~20.0

トランスミッション:6速AT

駆動方式:2WD(FF)/4WD

車両本体価格:227万9,200円~343万4,200円(税込)


CX-30



ちょうどいいサイズ感と市街地での取り回しのよさが魅力のコンパクトサイズSUV。2023年に商品改良が実施されています。商品改良とともに、レトロモダンの世界観をテーマにスポーティーさを融合されている特別仕様車「Retro Sports Edition(レトロスポーツエディション)」が追加されました。

【おすすめ度】

★★★★(2,000ccクラスのエンジンが搭載されており、コンパクトサイズSUVジャンルでは余裕のあるパワーが魅力)

おもな車両スペック
全長(mm):4,395

全幅(mm):1,795

全高(mm):1,540

車両重量(kg):1,420~1,540

乗車定員(人):5

燃費(WLTCモード、km/L):15.5~19.5

トランスミッション:6速AT

駆動方式:2WD(FF)/4WD

車両本体価格:255万6,400円~340万3,400円(税込)


CX-5



力強さと都会的でエレガントな美しさが融合されたエクステリアデザインが特徴のミドルサイズSUVです。スイッチ操作ひとつで走行モードが切り替えられる「MAZDA INTELLIGENT DRIVE SELECT」が搭載されています。オンロードからオフロードまで「人馬一体」の走りが楽しめる車種です。

【おすすめ度】

★★★(2021年の商品改良で、荷室のフラット化や防水加工などインテリアの機能性もパワーアップ)

おもな車両スペック
全長(mm):4,575

全幅(mm):1,845

全高(mm):1,690

車両重量(kg):1,540~1,650

乗車定員(人):5

燃費(WLTCモード、km/L):13.0~14.6

トランスミッション:6速AT

駆動方式:2WD(FF)/4WD

車両本体価格:290万9,500円~422万5,100円(税込)


CX-8



マツダ唯一の3列シートクロスオーバーSUV。「6人乗り仕様」「7人乗り仕様」の2種類がラインナップされており、大家族で1台の車にて移動したい人におすすめです。

【おすすめ度】

★★★(マツダのSUVラインナップで唯一の3列シート仕様車)

おもな車両スペック
全長(mm):4,925

全幅(mm):1,845

全高(mm):1,730

車両重量(kg):1,730~1,930

乗車定員(人):6~7

燃費(WLTCモード、km/L):12.0~15.8

トランスミッション:6速AT

駆動方式:2WD(FF)/4WD

車両本体価格:299万4,200円~489万3,900円(税込)

関連記事はこちら:【2023年最新】新型軽自動車まとめ!「スーパーハイトワゴン」ジャンルに注目 価格/スペック/燃費性能など