階段の上り下りや坂道などの日常のちょっとした動作でも息が切れやすい、風邪でもないのに咳が止まらないなどの症状はありませんか。加齢のせいだと思い込んで放っておくと危ない、肺気腫の可能性があります。この記事では肺気腫の症状やセルフチェックについて紹介します。特に喫煙習慣がある方は要注意ですので、ぜひ参考にしてください。

肺気腫とは

肺気腫とは、肺や気管支に炎症が起きることで肺胞が破壊されてしまう病気です。主な原因は喫煙で、喫煙習慣がある方はほとんど肺気腫を発症していると言われています。肺気腫は少しずつ肺を破壊していき、一度破壊されてしまった肺は修復できません。喫煙習慣がない人でも受動喫煙や大気汚染などの有害物質を吸い込むことで肺気腫を発症することがあります。

肺気腫の症状

肺気腫になった時に出る症状について紹介します。

主症状は息切れや痰、咳

肺気腫の症状は次の通りです。

・運動時の息切れ 
・咳が続く 
・痰がからむ

特に息切れは激しい運動だけではなく、階段の上り下りなど日常生活の中のちょっとした動作でも気になるようになります。

肺気腫の症状により痩せることも

肺の機能が落ちると呼吸に使うエネルギー量が増え、痩せていく傾向があります。日常生活の中でも息切れをするようになってくると、活動量が減り筋肉が落ちてしまう人が多いです。さらに症状が進行すると、食事の時の呼吸もしづらくなり食欲も落ちてしまいます。体重が落ちるとさらに体を動かすのが億劫になり、より痩せていくという悪循環に陥りやすくなります。

肺気腫の症状は気づきにくい

肺気腫の症状を紹介しましたが、自覚症状が初期段階では気付きにくいという特徴があります。

肺気腫は初期症状に乏しい


肺気腫の初期症状はほとんどありません。 自覚症状がなく気付かないうちに肺気腫が進行します。

加齢によるものと見逃されやすいことも原因

徐々に息切れや咳込みなどを自覚しても、加齢のための変化だと思い肺気腫と気付かない場合もあります。少しの運動で息切れしたり、咳が続いたりしている場合は一度医療機関を受診してみてください。

この症状肺気腫かも?と思ったら

自分が肺気腫かどうか心配に感じているのであれば、まずはセルフチェック をしてみてください。


肺気腫症状セルフチェックで確認


まずは肺気腫かどうかのセルフチェックをしてみましょう。

1.1日20本以上、20年以上長期間タバコを吸っている、もしくは吸っていた 
2.1日に何度も咳が出る 
3.階段などですぐに息切れしてしまう 
4.呼吸するとゼーゼーやヒューヒューとした音が出る 
5.黄色や粘り気がある痰が出る

この5つの項目で当てはまる項目が多いほど、肺気腫の可能性が高いです。


可能性があれば病院を受診

肺気腫によって肺胞が破壊されてしまうと、元に戻すことはできません。そのため、肺気腫を早期発見することが重要です。禁煙や吸入・内服などの治療を行うことで肺気腫の広がりを抑えたり症状を和らげることが可能です。

まとめ:肺気腫の症状を見逃さないで!

肺気腫は初期症状がほとんどないため、気付かないうちに病状が進行してしまう病気です。特に日常的に喫煙している方や喫煙していた方は、肺気腫になっている可能性が高くなります。息切れや咳が止まらないなど気になる症状がある場合は、呼吸器内科を受診することを検討してくださいね。