気管支炎ってよく聞く病気だけれど、原因や症状、治療法などをご存知でしょうか。実は気管支炎は原因によって症状や治療法が異なります。この記事では、気管支炎の原因と治療法に関して詳しく紹介します。気管支炎かもしれないと心配な方はぜひ参考にしてくださいね。

気管支炎とは

気管支炎とは細菌やウイルス感染により気管支に炎症が起きる病気で、咳や痰などの呼吸器症状を引き起こします。発症期間が2週間以内だと急性気管支炎、3か月以上の長期間では慢性気管支炎と呼びます。

気管支炎の原因

気管支炎を引き起こす原因と3つ紹介します。

気管支炎の原因の8割はウイルス

気管支炎を発症する原因の8割はウイルスと言われています。アデノウイルス・RSウイルス(乳児)・ヒトメタニューモウイルス・インフルエンザウイルスなどの風邪症状を起こすウイルスです。

菌が原因の気管支炎もある

気管支炎は肺炎マイコプラズマ・肺炎クラミジア・百日ぜき菌などの菌が原因の場合もあります。

慢性気管支炎の場合は原因の多くがタバコ

慢性気管支炎とは、3か月以上痰や咳の症状が続いている状態です。原因は受動喫煙を含めた喫煙習慣が多く、粉塵作業(塗装・建築・鉱山業・農家など)を主に行う職業の方もなりやすいです。慢性気管支炎と肺気腫を総称して慢性閉塞性肺疾患と呼びます。

原因で異なる気管支炎の症状と治療

気管支炎の原因ごとに症状と治療を5パターン紹介します。

ウイルスが原因の気管支炎の症状と治療

風邪を引き起こすウイルスが原因の気管支炎の場合は、咳・痰・のどの痛み・熱が1週間程度続きます。ウイルスが原因の場合は、抗生物質を使用しても効果がなく対処療法しかありません。特にウイルスの種類を特定する検査は、成人ではインフルエンザウイルス流行や新型コロナウイルス流行期以外では実施しないことが多いです。乳児ではRSウイルス感染の検査を実施する場合があります。

インフルエンザウイルスが原因の気管支炎の症状と治療

ウイルスの中でもインフルエンザの場合は、風邪よりも高熱や関節痛などの症状が重くなります。検査を行い、インフルエンザ陽性の場合は薬を服用します。感染拡大を防ぐために通学や出勤を発症から5日間、解熱して2日間は最低停止する必要があります。

菌が原因の気管支炎の症状と治療

菌が原因の気管支炎の場合は、まず咽頭や痰の培養や遺伝子検査などで菌の検索を行う場合があります。予測される菌に合わせた抗菌薬を処方するほか、対処療法を行います。

マイコプラズマ菌が原因の気管支炎の症状と治療

マイコプラズマ菌による気管支炎の場合は、血液検査・喉から採取する迅速検査・DNA検査の3つの中から選び確定診断を行います。初期は乾いた咳ですが、徐々に痰がからむような湿った咳へ変わっていきます。一般的にはウイルスが原因の気管支炎と同様に対処療法ですが、咳が続くなど肺炎へと進行する場合はマクロライド系の抗生剤を投与します。

発熱が持続する傾向もあります。

タバコが原因の気管支炎の症状と治療

慢性気管支炎は咳や痰が出る症状続き、結核やアレルギー疾患とも似ているため、確定診断をするために血液検査や培養検査を行います。慢性気管支炎を発症しタバコを吸う習慣がある場合は、まず禁煙を目指しましょう。タバコをやめることで、咳や痰が収まることがほとんどです。

気管支炎の原因のよくある疑問

気管支炎に関する2つのよくある疑問について解説します。

カビやほこりも気管支炎の原因になる?

カビやほこりを吸い込むことで、気管支炎にはなりませんが似たような症状が出る場合があります。「過敏性肺炎」と呼ばれ、生活空間にあるカビやほこりにアレルギー反応を起こしている状態です。治療としてはアレルギーの原因となるカビやアレルギーを取り除くことです。エアコンのフィルターに付いているほこりや、水回りのカビなどを掃除してみましょう。

コロナウイルスも気管支炎の原因になる?

現在、問題となっている新型コロナウイルスも元々は風邪の原因となるウイルスの1種です。新型コロナウイルスにかかると、発熱・咳・倦怠感・味覚または嗅覚の消失の症状が主に出ます。合併症として気管支炎や肺炎を引き起こすこともあります。

まとめ:気管支炎の原因を知って正しく対策しよう

気管支炎はウイルスや菌が原因で起こる急性気管支炎、喫煙習慣や粉塵作業による慢性気管支炎の2種類があります。急性気管支炎の治療は基本的に対処療法が中心なので、すぐに病院に行く必要はありませんが、1週間以上咳・痰が続く場合、または発熱がある場合には小児科・内科を受診してくださいね。