食事の後、なんだか胸が熱い、就寝時に横になると胸が締め付けられるような感じがするなど、胸焼けに悩んでいる人は多いのではないでしょうか。この記事では、胸焼けの概要と引き起こされる主な原因、発生したときの具体的な対処法などについて解説します。自宅でもできる簡単な対処法を取り上げているため、ぜひ参考にしてください。

胸焼けとは

胸焼けとは、みぞおちや肋骨付近の食道が締め付けられているように感じられる症状のことです。場合によっては、胸が焼け付くように感じられることもあります。胸やけは「胃食道逆流症」の自覚症状の一つともいわれています。

胸焼けの原因

先ほども触れているように、胸焼けが起こる原因はさまざまです。ここでは、主な原因を紹介します。

◇暴飲暴食

胸焼けの原因としてよく見られるのが、暴飲暴食によるものです。刺激のある食べ物やお酒を摂取しすぎると、胃酸が大量に分泌され食道に逆流することで胸焼けが発生します。

◇筋力の低下

胸焼けは、加齢や肥満などによって起こる筋力低下でも引き起こされます。食道は薄い筋肉によってできていますが、筋力が低下すると食道の機能も低下し胃酸が逆流しやすくなり、胸焼けを引き起こします。

◇姿勢

食道が胃よりも下向きになる、あるいは水平になるような姿勢をとると、胃酸が逆流しやすくなるため、胸焼けが起こります。具体的には、前かがみの姿勢、寝転ぶ姿勢などが当てはまります。食後にすぐ横になると胸焼けを起こしやすいため注意が必要です。

◇ストレス

ストレスによって自律神経が乱れることでも胸焼けは起こります。自律神経は胃の働きをコントロールしていますが、ストレスが溜まってくるとコントロールがうまくできなくなり、胃酸が過剰に分泌され胸焼けにつながります。

◇病気


胸焼け自体は日常生活の中でもよく見られる症状ですが、病院が原因となっているケースもあるため注意しなければなりません。例えば、逆流性食道炎や消化性潰瘍、食道がんなどになっていて、胸焼けのような症状を感じることもあります

胸焼けがするときの対処法

ここでは、胸焼けがするときの具体的な対処法について解説します。自宅でも簡単にできる方法であるため、ぜひ参考にしてください。

◇飲み物を飲む


胸焼けが発生した場合、水や牛乳などの飲み物を飲んでください。水は食道から胃酸を流すことができます。また、牛乳も胃酸を食道から流してくれるほか、食道の粘膜も守ってくれます。

これは、海外の看護師48,308人を調査して分かったことですが、コーヒーや紅茶、炭酸飲料を飲むグループと全く飲まないグループだと、コーヒーや紅茶、炭酸飲料を飲んでいるグループは全く飲まないグループより胸やけを発症することが多くなっています。また水や牛乳、ジュースは胸やけを発症するリスクは認められず、普段飲んでいるコーヒーや紅茶を水に置き換えると、胸やけの発生が少なくなったとのことです。

◇お腹を締め付けない


胃が圧迫されると、胃酸が食道に逆流しやすくなるため、食後はお腹を締め付けないようにしましょう。ベルトやコルセットなどをしている場合は、緩めてください。また、ベルトなどを緩めなければならない状態にならないようにするために、小分けにして食べるなど、一度に食べ過ぎないようにすることも大切です。

◇市販薬を使う


市販薬で胸焼けが改善されるケースもあります。例えば、暴飲暴食が原因となって起こる胸焼けは、市販の胃腸薬を服用することで対処できる可能性があるため、試してみてください。

◇姿勢に気をつける


胃酸が逆流しやすい姿勢をとらないように気をつけることも、胸焼けの対処法となります。例えば、完全に体を横にするのではなく、背中に枕や座布団などをおいて上半身が少しだけ上を向くようにすることで、胃酸が逆流しにくくなるでしょう。

◇食べ物


脂質が多い食べ物、消化がしにくい食べ物は胸焼けにつながりやすいため、摂取を控えることで胸焼けを回避しやすくなるでしょう。具体的には、カフェイン、チョコレート、辛い食べ物、高脂肪食品、炭酸飲料、ペパーミントなどが該当します。また、繊維質が多い食べ物も胸焼けを避けたいのであれば摂取を控えた方がいいでしょう。
胸やけになると体重が減少する場合もあるため、消化に良いうどんやおかゆなどがおすすめです。

妊婦の場合:胸やけの対処法

胸焼けは妊婦にもよく起こります。これは、お腹が大きくなることで子宮が胃を圧迫し、圧迫されたことで胃液が食道に逆流してしまうためです。
妊婦が胸焼けに対処する場合も、食事を少しずつ摂取し、胃に負担をかけないようにすることがポイントとなります。また、食事は消化にいいものを心がけ、食後1?2時間程度は横にならないようにしてください。就寝時に横になると胸焼けがする、といった場合は枕や座布団などを使って体を少し起こして眠るようにしましょう。

胸焼けを防ぐ方法

ここでは、胸焼けを防ぐ具体的な方法を紹介します。特別方法ではないため、ぜひ参考にしてください。

◇バランスのとれた食事をとる


暴飲暴食など、胃に負担をかける食事は胸焼けの原因となるため、バランスのとれた食事を摂取するようにしましょう。油物を取り過ぎないようにする、腹八分目で食事を終えるようにする、アルコールは嗜む程度にするなどちょっとした心がけで胸焼けを回避することができます。

◇食後は休憩する


食後は、胃が消化を行うため消化器官に多くの血液が必要となります。そのため、食後は休憩する時間を確保しましょう。すぐに仕事をする、お風呂に入るなど体のさまざまな部分を動かすと胃が消化に集中しにくくなるため、結果的に胸焼けも起こりやすくなります。食後30分程度は体を休めるようにしましょう。

◇ピロリ菌を取り除く


胸焼けは、胃の粘膜がピロリ菌によって傷つけられることでも起こるため、ピロリ菌を取り除くことも大切です。ピロリ菌に感染しているかどうかは、病院で検査を受けることで確認できます。そして、ピロリ菌は薬の服用によって取り除くことができるため、気になる方は一度病院を受診してみるといいでしょう。

病院を受診する目安

胸焼けの症状がひどい場合は病院の受診も検討してください。例えば、慢性的に胸焼けが起こっていて辛い、胸焼けとともに胃もたれやゲップも起こっているといった場合は、できるだけ早く受診したほうがいいでしょう。
また、一時的なものでしばらくすると収まるといった場合は、即座の受診は必要ありませんが、気になる場合は受診してみてください。

まとめ

今回は、胸焼けの概要から原因、具体的な対処法などについて解説しました。胸焼けは暴飲暴食をはじめとして、姿勢や筋力の低下、ストレスなどさまざまな原因によって引き起こされます。胸焼けが発生したときは、飲み物を飲んで胃酸をながす、ガムを噛んで唾液を分泌する、お腹の締め付けを緩めるなど、簡単にできる対処法もあるため試してみてください。