求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)が、転職活動がバレた経験のある男女257人を対象に「転職活動に関する意識調査」を実施した。その結果、活動がバレた理由の1位は「活動中の姿を見られた」であることが分かった。

 調査ではまず、いつ転職活動を行っていたか尋ねた。その結果、もともと決まっている休み「公休日」を利用して活動していた人が41.2%で最多となった。次いで「有給休暇」(35.8%)、「退勤後」(24.5%)と続いた。

 具体的には「終業後や土日中心に活動して、どうしても必要な時のみ有給を取得した」「企業研究は退勤後、面接は有給休暇で」という回答もあった。また、終日の有給休暇ではなく「午前休」「午後休」「時間休」を利用したという回答も多く寄せられた。

 転職活動がバレた理由1位は「転職活動中の姿を見られた」(65人)だった。回答した人からは、「休みの日にビジネス街をスーツ姿で歩いているのを、同じ会社の社員に見られました」(男性、24歳で転職)、「ハローワークに出向いた際に、会社の求人を出しに来た人事担当者に出会ってしまった」(男性、30歳で転職)、「休憩時にスマホで求人検索しているのを見られた」(女性、51歳で転職)といった声があった。

 2位以下は「一部の人に打ち明けたら広まった」(38人)、「休みが多くなった」(36人)、「自分から話してしまった」(16人)と続いた。

 「一部の人に打ち明けたら広まった」と答えた人からは、「有給休暇中、カバーしてくれていた同僚が上司に話してしまった」(女性、27歳で転職)、「相談していた相手がもらしてしまった」(男性、30歳で転職)、「職場の同僚に『ここだけの話』として話したところもらされました」(男性、48歳で転職)などの声が寄せられた。

 転職活動している姿や関連書類を見られたり、転職活動に伴う行動の変化によって悟られたりした人が多いようだ。

 8位以下には「転職先と転職元の人が知り合いだった」(7人)、「同業種への転職だったので、業界内でうわさが広まった」(5人)など、現在の勤務先と転職先との関係でばれたという回答もあった。

 転職活動がバレて困ったことはあったのだろうか。尋ねたところ「会社に居づらくなった」が91人で最多となった。

 回答した人からは、「仮病をつかって転職活動をしていたため『うそをついて休むような社員』というレッテルをはられ、会社に居づらくなった」(女性、32歳で電飾)、「上司がよそよそしくなって、気まずい感じになってしまった」(男性、50歳で転職)といった声があった。

 次いで、「慰留された」(35人)、「詮索された」(32人)と続いた。その他に「いじめ・嫌がらせを受けた」や「円満退社できなかった」「退職金がもらえなかった」など、前職の会社とトラブルになったり不利益を被ったりしたという回答もあった。

 多くの人に「転職活動がバレて困った経験」があると答えた一方、「なし」と回答した人も31人いて、4位となった。

 「なし」と答えた人からは、「無事に転職が決まったのでとくになかった。もし転職に失敗していたら気まずかったと思う」(男性、27歳で転職)、「在籍していた会社に対しては丁寧に説明したため、責められるようなことはありませんでした」(男性、39歳で転職)、「自分の人生だし、生活がかかっているのでとくに気にならないです」(男性、43歳で転職)などの声があった。

 調査は、5月4〜19日にインターネットで実施。転職活動がバレた経験のある男女257人(女性133人/男性124人)を対象とした。