ASSIC(鳥取県鳥取市)は、運営するWebメディア「テレワーク・リモートワーク総合研究所」で、テレワーク時の「仕事場」に関する調査を実施した。その結果、テレワーク時の作業場所で最も多いのは「リビングルーム」(49.58%)だった。ダイニングや寝室、中にはトイレを活用している人もいるようだ。

 1位は「リビングルーム」で、全体の約半数が回答した。リビングはテレビなどの「誘惑」が多い可能性もある一方、他の部屋と比べてスペースが広い場合が多く、リビングルーム内にテレワーク用の作業スペースを確保している人も多いようだ。

 次いで2位は「個室の書斎」(27.39%)。プライベート空間とのメリハリも付けやすく、自分専用に部屋を最適化できるため、オフィス以上に快適な仕事場といえる人も多いのでは。最近はテレワークを前提としたワーキングスペースのある住宅なども登場している。

 3位は「ダイニングルーム」(16.71%)だった。家族がいる場合には配慮が必要になりそうだが、食事をするダイニングルームにはテーブルと椅子が常設してあり、PCさえあればすぐにテレワークを始めることができるためテレワークしやすい場所といえそうだ。4位にはダイニングルームと僅差で「寝室」(16.34%)がランクインしている。

 少数派の意見の中には和室や子ども部屋のほか、トイレや玄関で仕事をしているといった回答も。ASSICは「現在はテレワーク=在宅勤務となるケースが多く今回のような結果となったが、アフターコロナでは喫茶店やカフェ、コワーキングスペースの活用も期待される」としている。

 調査は9月1〜4日の期間、テレワークやリモートワークを経験している20〜65歳のビジネスパーソンを対象に、インターネット上で実施。有効回答数は1077人。