100円ショップ大手の大創産業は、創業50周年企画の一環として、日用品増量キャンペーン第3弾を7月1日から実施している。日用品の値上げが相次ぐ中、対象商品の内容量を10〜66%増量し、需要の取り込みを図る。

 例えば、「除菌ウェットシート」は通常80枚のところを20枚増量し100枚に、「高濃度アルコール50%除菌大判ウェット」は25枚から35枚に増量している。

 このほか、「トレカスリーブ(R-9)」(100枚→150枚)や「ダブルワイヤーマスク(ピンク、ふつうサイズ)」(10枚→12枚)などが対象で、順次展開を開始している。

 同キャンペーンは、創業50周年企画として本年3月から実施。DAISO各店舗の他、ダイソーネットストアでも取り扱いを開始している。

 大創産業は、「だんぜん!ダイソー」をスローガンに、生活必需品から趣味趣向品まで約7万6000種類の商品を取り扱っている。売り上げは2021年3月〜22年2月末時点で5493億円。2月現在でDAISO店舗は世界26の国と地域に6338店舗を、THREEPPYなどの300円ショップは世界4の国と地域に265店舗展開している。